着席列車「拝島ライナー」2018年春デビュー 夕方・夜間に運転 西武

着席列車「拝島ライナー」2018年春デビュー 夕方・夜間に運転 西武

西武鉄道が、2018年春から有料座席指定列車「拝島ライナー」を運行します。

西武新宿発・下り列車として運転

 西武鉄道は2017年11月20日(月)、西武新宿〜拝島間で、2018年春から有料座席指定列車「拝島ライナー」を運行すると発表しました。

 車両は、豊洲〜所沢間などで運行されている有料座席指定列車「S-TRAIN」と同じ40000系電車を使用。窓に背にして座るロングシートと、枕木方向に座るクロスシートの両方に切り替えられるのが特徴です。2018年春から、夕方・夜間に、西武新宿から拝島に向けて下り列車として運転されます。

 西武鉄道によると、「拝島ライナー」のロゴは、拝島の頭文字「H」を座席に見立て、着席サービスのある列車であることを表現。また、拝島線沿線の緑をイメージした「グリーン」と、沿線の玉川上水の流れをイメージした「ブルー」で「拝島ライナー」の走行する区間を表し、文字の「ダークグレー」で拝島線沿線とビジネス拠点の都心を結ぶスマートな印象を、ゆるやかな斜体の文字で「心地良いスピード感」をそれぞれ表現しているといいます。

「拝島ライナー」の停車駅や運転時刻、料金などの詳細は、決まり次第告知される予定です。西武鉄道は「平日の通勤・通学や土休日のお出かけからのお帰りに『拝島ライナー』をぜひご利用ください」としています。

関連記事

乗りものニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索