燃費トップは「プリウス」 軽は「アルト」「キャロル」 国交省が2017年トップ10発表

燃費トップは「プリウス」 軽は「アルト」「キャロル」 国交省が2017年トップ10発表

国土交通省が、2017年末時点で販売されている乗用車の燃費ベスト10を発表。普通・小型自動車部門は、トヨタ「プリウス」が40.8km/Lで首位でした。

非ハイブリッド車はマツダ「デミオ」がトップに

 2018年3月20日(火)、国土交通省が、2017年末時点で新車として販売されている乗用車の燃費(JC08モード燃費値)ベスト10を発表しました。内容は次のとおり。★はガソリンハイブリッド自動車を示します。

●普通・小型自動車ベスト10
・1位:トヨタ「プリウス」★40.8km/L
・2位:トヨタ「アクア」★38.0km/L
・3位:日産「ノート」★、ホンダ「フィット」★37.2km/L
・5位:ホンダ「GRACE」★34.8km/L
・6位:トヨタ「ヴィッツ」★「カローラ アクシオ」★「カローラ フィールダー」★、ホンダ「SHUTTLE」★34.4km/L
・10位:トヨタ「カムリ」★33.4km/L

●軽自動車ベスト10
・1位:スズキ「アルト」、マツダ「キャロル」37.0km/L
・3位:スズキ「アルト ラパン」35.6km/L
・4位:ダイハツ「ミラ イース」、トヨタ「ピクシス エポック」、スバル「プレオ プラス」35.2km/L
・7位:スズキ「ワゴンR」★、マツダ「フレア」★33.4km/L
・9位:スズキ「ハスラー」★、マツダ「フレア クロスオーバー」★32.0km/L

 なお、ハイブリッド車を除く普通・小型自動車ベスト10は次のとおり。☆はディーゼル車を示します。

●普通・小型自動車ベスト10(ハイブリッド車除く)
・1位:マツダ「デミオ」30.0km/L☆
・2位:ダイハツ「ブーン」、トヨタ「パッソ」28.0km/L
・4位:三菱「ミラージュ」27.2km/L
・5位:フィアット「500」「500C」26.6km/L
・6位:日産「ノート」26.2km/L
・7位:フォルクスワーゲン「up! 1.0/55kW (ASG)」25.9km/L
・8位:フォルクスワーゲン「cross up! (ASG)」25.2km/L
・9位:マツダ「CX-3」☆、トヨタ「ヴィッツ」25.0km/L

 同じ通称名のクルマは、仕様やグレードにより燃費値が異なる場合がありますが、これらのベスト10では、同じ通称名を持つクルマのなかで最も良い燃費値を持つものが選ばれています。

 なお、これらのベスト10とは別に、燃費基準達成・向上達成レベルについても発表されています。一般にクルマは重量が重いほど燃料を多く使うため、燃費基準値が車両重量に応じて設定されています。「2020年度燃費基準」において、達成レベルが最も高かった乗用車は、普通・小型自動車では達成率205%のトヨタ「プリウス」、軽自動車では達成率150%のスズキ「アルト」とマツダ「キャロル」でした。

 ちなみに、2016年度に販売されたガソリン車の平均燃費は21.9km/Lであり、前年度から約1.3%向上しています。

【グラフ】ガソリン車の平均燃費値の推移


関連記事

乗りものニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索