図柄入りナンバープレート、全国41地域のデザイン決定 「葛飾」「飛鳥」など新地域名も

図柄入りナンバープレート、全国41地域のデザイン決定 「葛飾」「飛鳥」など新地域名も

国土交通省が、地方版図柄入りナンバープレートのデザインを発表。全国41地域に導入されます。また、新たに17の地域名表示(ナンバー)が加わります。

自家用軽自動車は黄色で縁取り

 国土交通省は2018年5月22日(火)、地域の風景や観光資源を描いた地方版図柄入りナンバープレートのデザインを発表しました。

 2017年に、ラグビーワールドカップ、東京2020オリンピック・パラリンピック特別仕様ナンバープレートの交付が始まっていますが、地方版図柄入りナンバープレートは2018年10月ごろから交付が始まります。導入対象は次の41地域(ナンバー)です。

・東北:盛岡、岩手、平泉、仙台、山形、庄内
・関東:土浦、つくば、前橋、越谷、成田、柏、世田谷、杉並、富士山
・北陸信越:新潟、長岡、富山、金沢、石川
・中部:福井、富士山、豊田、春日井
・近畿:滋賀、京都、奈良
・中国:鳥取、福山、下関、山口
・四国:徳島、香川、愛媛、高知
・九州:長崎、佐世保、熊本、大分、宮崎、鹿児島

 図柄は、たとえば岩手ナンバーは「銀河鉄道の夜」、仙台ナンバーは「伊達政宗公と仙台七夕まつり」、つくばナンバーは「筑波山」、福山ナンバーは「広島東洋カープ」など。寄付(1000円以上)に応じた場合はカラー、寄付金なしの場合はモノクロになります。寄付金は導入地域の交通改善や観光振興などに関する取り組みに使われるといいます。

 なお、事業用登録自動車(緑ナンバー)や自家用軽自動車(黄色ナンバー)の区分を分かりやすくするため、該当するナンバープレートには緑色や黄色の縁取りが加わります。

 また、地方版図柄入りナンバープレートの交付開始に伴い、17の地域名表示(ナンバー)が新たに追加されます。

・北海道:知床、苫小牧
・東北:弘前、白河
・関東:松戸、市川、船橋、市原、江東、葛飾、板橋
・北陸信越:上越
・中部:伊勢志摩、四日市
・近畿:飛鳥
・中国:出雲
・四国:高松

 これら17地域では、2020年度の交付開始が予定されています。

関連記事

乗りものニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索