ANAのA380型機 尾翼にANAのロゴ エンジン取り付けへ

ANAのA380型機 尾翼にANAのロゴ エンジン取り付けへ

フランスの工場で行われていた、ANAのA380型機初号機の最終組み立てが完了。エンジン取り付けなどの装備のために、別工場へと出発しました。尾翼にはANAのロゴが入っています。

コックピット装備などに、別工場へ移動

 エアバスは2018年5月25日(金)、ANA(全日空)のA380型機初号機が最終組み立て工場から構造部などの装備のため、別工場へ出発したと発表しました。

 A380の6つの大型部品、前部胴体、中央胴体、後部胴体、尾翼、左右の主翼の6点は、3月にトゥールーズ(フランス)の工場に運ばれ、4月より最終組み立てが行われていました。それらの組み立てが完了し、尾翼にANAのロゴが入った同機は、これから別の作業場に移動。構造部の装備を完成させ、エンジンの取り付け、コックピット装備を行うとのことです。

 A380は総2階建てのワイドボディ機です。ANAの初号機の客室は、ファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミー73席、エコノミークラス383席を装備するとしています。また、エコノミークラスの60席にカウチシートが導入され、東京〜ホノルル線に投入される予定です。ハワイで幸福や繁栄の象徴とされているウミガメの親子を描いた特別塗装が施され、「空飛ぶウミガメ」という意味を持つ「FLYING HONU」の愛称で運航されます。

 ANAは2016年にA380を日系キャリアで初めて発注しました。同機は2018年5月現在、世界中の13社によって、60都市へ226機が就航しているとのことです。

関連記事

乗りものニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索