京都〜丹波口間の新駅名称「梅小路京都西」に決定 「京都観光の新たなサブゲート」に

京都〜丹波口間の新駅名称「梅小路京都西」に決定 「京都観光の新たなサブゲート」に

JR山陰本線の京都〜丹波口間に設置される新駅の名称が、「梅小路京都西」に決まりました。

2019年春に開業予定

 JR西日本と京都市は2018年7月20日(金)、山陰本線(嵯峨野線)の京都〜丹波口間に開設する新駅の名称を「梅小路京都西(うめこうじきょうとにし)」に決定したと発表しました。

 梅小路京都西駅は京都駅から約1.7km、丹波口駅から約0.8kmの下京区観喜寺町に開設されます。

 JR西日本と京都市は駅名の決定理由について、駅の南側に隣接する梅小路公園は周辺地域を象徴する存在として親しまれており、「梅小路」は市の駅名公募結果においてもキーワードとして最多数だったと説明。さらに、「京都駅の西側約1.7kmに位置し、京都観光の新たなサブゲートとなることから『京都』『西』を付与した」としています。

 ホームは2本の線路を挟む形(相対式)で、各方面に1面ずつ計2面設けられ、それぞれのホームにエレベーター1基、エスカレーター2基(上り1基+下り1基)が設置されます。駅舎は高架下に造られ、4通路分の自動改札、3台の券売機が設置される計画です。

 駅舎デザインの基本コンセプトは「梅小路公園および京都市西部エリアにある観光の玄関口の駅として、地域との連携を育むデザイン」。京都の町並みの「縦格子・縦縞」、京友禅の反物の「縦長矩形」、工芸品などに用いられる「梅柄(光琳梅)」の形状を引用するとともに、梅小路公園と調和し地域のシンボルとなるように、ホームの外壁や入口部を曲面にし、あわせて京都らしい色彩設計を取り入れるとしています。

 梅小路京都西駅は、2019年春に開業する予定です。


関連記事

乗りものニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索