高松道の一部区間、対面通行解消 4車線化に向け車線運用を切り替え

高松道の一部区間、対面通行解消 4車線化に向け車線運用を切り替え

高松道の一部区間で対面通行が解消。今後も4車線化の完成に向けて工事が進められます。

2018年度内に4車線化予定

 NEXCO西日本は2018年8月13日(月)、高松道の鳴門IC〜白鳥大内IC間(約21.4km)と津田東IC〜津田寒川IC間(約3.8km)で、9月13日(木)午前6時に対面通行を解消すると発表しました。

 高松道の鳴門IC(徳島県鳴門市)からさぬき三木IC(香川県三木町)付近までの区間(51.8km)では、現在、2車線(片側1車線)から4車線(片側2車線)に拡幅する工事が進められています。

 今回の2区間では、上下線が隣り合った状態から、分離した車線運用に変更されます。今後は上下線のあいだにあいた2車線分の空間について、中央分離帯の整備や舗装補修などを実施。さらにそれらが完成したあとは外側の車線もリフレッシュ工事が行われます。

 高松道の4車線化事業は、2018年度内に完成する見込みです。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

乗りものニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索