天皇陛下即位パレードにいた「キャデラックパトカー」何なのか? 米製オープンカー

天皇陛下即位パレードにいた「キャデラックパトカー」何なのか? 米製オープンカー

2019年11月10日に実施された、天皇陛下の即位にともなうパレード「祝賀御列の儀」では、外国製のオープンカーが車列にいましたが、これは警視庁のパトカーだといいます。警視庁所有のオープンカーでパトカー、どのようなクルマでしょう。

即位記念パレードで警衛車として使われた外車とは

 2019年11月10日(日)、皇居から赤坂御所までの約4.6kmの区間にて、天皇陛下の即位記念パレード「祝賀御列の儀」が行われました。天皇、皇后両陛下が乗る特別仕様のオープンカーの前後には、警衛のオープンカーも見られ、実はこれらは警視庁の、れっきとしたパトカーです。

 このオープンカー仕様警衛車には、ゼネラルモーターズ(アメリカ)製のキャデラックも見られました。天皇、皇后両陛下が乗るオープンカーの前後に白バイを挟む形で走り、少し離れた後方にもキャデラックの古いタイプが1台続く形をとっていました。

 これらは「キャデラック」のオープンカーといってもパトカーのため、赤色灯やサイレンアンプ、スピーカーを装備して緊急車両として登録されています。そのため、万一の際は緊急走行が可能です。

 今回のパレードに加わっていたのは、新しい方がキャデラック「STS」、古いものがキャデラックの「フリートウッド」というタイプで、警視庁は各種式典や皇族の護衛用として、これらを含めてオープンカーのパトカーを7台以上保有しています。

30年以上現役のオープンカーパトカーも健在

 29年前に実施された平成の即位パレードにおいても、国産であるオープンカー仕様「セドリック」「クラウン」の警衛車に交じり、キャデラック「エルドラド」が車列に加わっていました。

 さすがにキャデラック「エルドラド」は退役したようですが、「セドリック」のオープンカーは現役で、今年(2019年)初めの「警視庁年頭部隊出動訓練」でも使用されています。

 パトカーとはいえ、儀礼用のため年間走行距離が少ないことから、このようにとても長生きです。そのため35年ほど前に導入されたビュイック「リビエラ」のオープンカーも警視庁においていまだ現役で、今回の即位記念パレードでも、前述のキャデラックSTSとともに皇居前を元気に走っていました。

 30年以上現役であり続けて、天皇陛下の即位記念パレードを2回も経験するパトカーなんて、そうそういないでしょう。それを稼働状態で維持し続ける現場の警察官の苦労は、並大抵のものではないのでしょうね。


関連記事

乗りものニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る