発売50周年を迎えるミニカー玩具「トミカ」が、ホンダ、トヨタ、日産とコラボ。実車をデザインしている各社のデザイナーが、それぞれのスポーツカーをベースに特別にデザインした記念仕様トミカが登場します。

各社のスポーツカーをベースにデザイン

 タカラトミーが2020年1月15日(水)、自動車メーカー3社のデザイナーが特別にデザインしたトミカを発売すると発表しました。

 ミニカー玩具「トミカ」の発売50周年を記念したプロジェクトの一環で、普段は実車のデザインを担当しているホンダ、トヨタ、日産のデザイナーが、そのクルマに合うトミカのためだけのデザインを考案。各社の社内コンペで決定したものが、記念仕様トミカ(税抜予価800円)として登場します。

 また、それぞれのトミカのデザインで装飾された実車両も制作・公開される予定です。

第1弾「Honda シビック TYPE R トミカ50周年記念仕様 designed by Honda」

・4月発売予定。
・4月の「トミカ博in OSAKA」で公開予定。

第2弾「トヨタ GR スープラ トミカ50周年記念仕様 designed by Toyota」

・6月発売予定。
・6月の「東京おもちゃショー2020」で公開予定。

第3弾「日産 GT-R トミカ50周年記念仕様 designed by NISSAN」

・8月発売予定。
・8月の「トミカ博in YOKOHAMA」で公開予定。

※ ※ ※

「トミカ」は1970(昭和45)年8月18日に登場。国内で売られているダイキャスト製ミニカーはそれまで海外製の外国車モデルがほとんどでしたが、トミカは実際に街を走っている国産車を中心にラインナップ。以来、タカラトミーによると1050車種以上、累計6億7000万台以上を販売したといいます(2020年1月現在)。

 このほか「トミカ」50周年にあたって、ユーザー参加型イベント、記念商品の発売、アニメ化(『トミカ絆合体 アースグランナー』)にともなうメディアミックス、さまざまな他業種とのコラボレーションも実施される予定です。