サービスの組み合わせは、自分で決められます。

 東急グループは2020年1月15日(水)、東急線沿線で電車やバス、映画、食事が一体となったサブスクリプション型チケット「東急線・東急バス サブスクパス」の実証実験を3月から開始すると発表しました。電車・バス・電動自転車などの交通手段と、映画、食事などの生活サービスが一体となった定額制サービスは、日本初の取り組みといいます。

 東急線全線、東急バス全線の乗り放題乗車券を基本とし、「109シネマズ」の映画観放題パス、東急線の駅そば屋「しぶそば」の定額パス、専用電動自転車・駐輪場の貸与サービスから、いずれかひとつ以上を追加した「東急線・東急バス サブスクパス」を発売。電動自転車は、東急線全線のみの乗り放題乗車券と組み合わせることも可能です。値段は次のとおり。

●1月16日(木)受付開始(有効期間は2020年3月、4月、5月)
・電車&バス+そば:2万3500円(1日あたり約790円)
・電車&バス+映画:3万円(約1000円)
・電車&バス+そば+映画:3万3500円(約1120円)

●2月10日(月)受付開始(有効期間は2020年4月、5月)
・電車+電動自転車:1万8000円(約600円)
・電車&バス+電動自転車:2万3000円(約770円)
・電車&バス+電動自転車+そば:2万6500円(約890円)
・電車&バス+電動自転車+映画:3万3000円(約1100円)
・電車&バス+電動自転車+そば+映画:3万6500円(約1220円)

 有効期間は毎月1日始まりの1か月間で、月は2020年3月、4月、5月から選べます。

 ちなみに「東急線・東急バス一日乗り放題パス」は1000円、109シネマズの映画鑑賞料金は当日一般で1900円、しぶそばのかけそば・もりそばは各320円です。

「東急線・東急バス サブスクパス」の販売は16日から

 サブスクパスは磁気券で、券面記載の記名人本人のみが利用可能です。

 有効期間内であれば東急電車と東急バス(一部路線は対象外)が乗り放題に。109シネマズの対象映画館(5施設)では何度でも映画鑑賞ができるほか、しぶそばでは全12店(一部新規開業予定)で1日1回、かけそばかもりそばを注文できます。また、電動自転車・駐輪場の貸与サービス(3か所程度を予定)は、東急線沿線の一部駐輪場に、専用の電動自転車と駐輪スペースが用意されます。

 サブスクパスは数量が制限される予定です。販売は東急運営のサイト「SALUS ONLINE MARKET」で実施。販売ページは16日(木)午前10時ごろオープン予定です。申込受付の開始日は、3月分が1月16日(木)、4月分が2月10日(月)、5月分が3月9日(月)です。申し込み多数の場合、各パス申し込み期間ごとに先着順となります。

 今回の実証実験では、購入者層のニーズや利用動向が調査されます。結果を踏まえ、交通を基軸としたあらゆるサービスの連携を念頭に、デジタル基盤での複合的なプラットフォームサービスの本格導入を検討していくとしています。