「京急ミュージアム」のテーマは「『本物』を見て、触れて、楽しむ」です。デハ230形のドアコック操作、難易度が選べる新1000形電車のシミュレーター、800形電車のジオラマのほか、バスの運転席に座れるコーナーもあります。

デハ230形電車の車内は展示室

 京急グループ本社(横浜市西区)の1階に2020年1月21日(火)、京急グループの鉄道やバスなどを紹介する企業ミュージアム「京急ミュージアム」が開館します。「『本物』を見て、触れて、楽しむ」がテーマのミュージアムを、オープン前日の20日(月)にひとあし早く取材しました。

 受付のある2階からエレベーターに乗り、1階に着いてまず目に入ったのが、修復された真っ赤な車体のデハ230形電車(236号)です。この車両は京急電鉄の前身「湘南電気鉄道」時代の1930(昭和5)年から1978(昭和53)年まで、品川〜横浜〜浦賀間などを走りました。隣には、1970(昭和45)年ごろのプラットホームが再現されています。

 デハ230形の車内は、座席の半分ほどがショーケースに改造されており、なかには、京急の歴史を紹介する資料やきっぷ、運行当時の広告などが展示されています。また、木の床は一部がシースルーになっており、床下機器を見られます。乗務員室(運転席)に立ち入ることも可能です。ドアコックを操作し、乗降用ドアを自由に開閉できます。

 プラットホームの端には、非常停止ボタンが設置されていました。こちらも自由に操作ができ、ボタンを押すと、列車の運転士に停止を促す特殊信号発光機が点滅。京急の担当者によると「駅や踏切などで危険を感じたらためらわず操作することを、来館者にお伝えしたく展示しています」とのことです。

 ミュージアムの中央には、京急線とその沿線が再現されたHOゲージのジオラマがあります。幅は約3m、長さは約12mあり、いままさにいる京急グループ本社のビルも建てられています。実車の800形電車の運転台も備え付けられており、ジオラマを走る鉄道模型に搭載されたカメラの映像を見ながら、運転台で操作体験ができます。体験は先着制で、1回100円(税込)です。

本物の新1000形電車を使ったシミュレーター

 ジオラマを挟んで反対側に、新1000形電車の“顔”が置いてありました。覗くとなかには運転シミュレーターがあり、実写映像を見ながら運転士の体験ができます。体験コースは「初級」「中級」「上級」と「わくわくコース」の4種類があります。「わくわくコース」は幼児でも遊べるよう自動で運転されますが、「上級」になるにつれブレーキ操作などが難しくなります。

 担当者によるとこの1000形電車は、車両メーカーにあった実車をカットしてミュージアムに持ってきたといいます。機器類も本物で、足元のペダルを踏むと警笛を吹鳴できます。またシミュレーターの後ろには、実車同様のクロスシートとロングシートが置かれています。シミュレーター体験は時間指定で定員制。1回500円(税込)です。

 京急グループは鉄道沿線を中心に路線バスも運行しています。ミュージアムの一角にはバス運転台もありました。ハンドルや運賃箱などがセットされた運転席に座り、ドア開閉のブザーや放送ボタンなどの操作ができます。さらに、バス車体の外側に置かれた操作パネルを使うと、バスの行先表示(LED)を自由に変えられます。

 ほかにも、おもに幼児を対象にした「マイ車両工場」というブースがあります。ここでは、スタッフの講義を受けたのち、オリジナルの京急車両「プラレール」が制作できます。定員制で、1回1000円(税込)です。

「京急ミュージアム」は、横浜駅から徒歩約7分、新高島駅(横浜市西区)から約1分。開館時間は午前10時から17時(最終入館は16時半)までです。入館は無料。体験コンテンツなどで待ち時間がなければ、30〜40分ほどでひと回りできます。休館日は毎週火曜と年末年始などです。