話題が絶えない三菱「スペースジェット」は日本初の国産ジェット旅客機の触れ込みですが、それまで何度か日本はトライしたことがあり、そのひとつが「YSX」です。なぜ実現しなかったのでしょうか。

国産ターボプロップ機「YS-11」の経験をもとに…

 三菱航空機の「スペースジェット(旧MRJ)」最新試験機が2020年3月18日(水)、初飛行を迎えました。このモデルは「日本初の国産ジェット旅客機」の触れ込みで、開発が進められています。

 しかし「国産ジェット旅客機」の計画は、スペースジェット以前にもありました。そのひとつが「YSX」というモデルです。結果としては、計画段階で中止となり幻と終わってしまいましたが、もしこの「YSX」が完成していれば、こちらがいわゆる「日本初の国産ジェット旅客機」と呼ばれるようになっていたでしょう。

 戦後初となる国産ターボプロップ(ジェットエンジンの一種でプロペラを回し推進力を得るもの。搭載機はいわゆるジェット機には分類されない)旅客機「YS-11」がまだ日本の空を飛び交っていた1986(昭和61)年、同機の経験をもとに、日本の企業が中心となって、50席から100席クラスの新たなモデルを作ろうという機運が高まります。

 それまでの国内における旅客機の開発状況はというと、YS-11が1964(昭和39)年から翌年にかけ実用化されたのち、3発ジェットの「YS-33」が日本独自で計画されるもとん挫、以降、海外の企業と協力し何度か新型旅客機の開発を試みたことがあるものの、最終的には計画段階で撤退、あるいはボーイングなど海外の企業に計画の主導権を握られている状態でした。

 このため三菱重工など、日本の航空機産業を担う企業からなる日本航空機開発協会は、海外の企業との共同開発の形でありながら、マーケティング、商品企画、開発、生産、販売、サポートで、日本が主導権を握ることのできるモデルの開発を企図します。

 翌1987(昭和62)年には、ちょうどスペースジェット M100(旧MRJ70)とほぼ同等の75席クラスで、ジェットエンジンのひとつであるターボファンエンジンを搭載した双発機というカタログスペックの新型機が、開発計画の第一歩を踏み出します。

リージョナルジェット戦国時代の1990年代 日本がパートナーに選んだのは

「YS-X」計画が本格的に動き始めた1990年代前半は、50席から100席クラスで航続距離の短い「リージョナルジェット」市場が活発化し、世界的な製造競争の時代に突入していました。

 カナダのボンバルディアやブラジルのエンブラエルといった航空機メーカーが、リージョナルジェットの新たなモデルを次々と発表するなか、日本航空機開発協会はボーイングと共同で開発する方針をとります。

 ボーイングは、それまで日本と767シリーズなどを共同で開発した前歴があり、それらは日本側に主導権がなかったものの、ビジネスパートナーとして良い関係を築いていたことが、同社へ共同開発を打診した理由のひとつとされています。

 ボーイング側は当初、日本航空機開発協会のオファーを渋っていたものの、1994(平成6)年になると、「YSX」の座席数を90席クラスまで増やし、ANAでも導入されている「737-500型機」をベースにした新型機として日本側に提案、共同検討が始まります。

 これにより、念願であった日本中心の「国産ジェット旅客機」開発への流れはいよいよ本格化し、当時、世界で活発化していた航空機市場にいよいよ参入かと思われました。ところが「YSX」のライバルが、ボーイングの地元アメリカ国内に出現します。

アメリカにライバル出現 「YSX」とん挫の決定打は?

 アメリカの航空機メーカーで、ボーイングとライバル企業であったマグドネル・ダグラスは1995(平成7)年、同社のベストセラー機「DC-9」をベースに当時の最新技術を投入し改修を加えた、「MD-95」というモデルを発表します。

 このMD-95は、日本がボーイングと共同で開発を進めようとしていた「YSX」と同じく、2発のジェットエンジンを搭載し、航続距離も4000km弱と同程度、そして座席数も100席程度と、非常によく似た仕様でした。

 一方、前年にボーイングの提案で動き出したかに見えた「YSX」計画は、それ以降、進捗が見られない状態でした。当時、中国と韓国が共同開発していた100席クラスのモデル、AE100型機に注目が集まっており、これの開発参加を巡って世界的な競合が起こっていたため、ボーイングは「YSX」計画に着手する余裕がなかったとされています。

 国内でも、日本航空機開発協会の中心企業である三菱重工が、ボンバルディアとDHC8-Q400型機の共同開発を始めるなど、「YSX」計画の停滞から、参加企業間の足並みが乱れ始めます。

 そのような状況のなか、この「YSX」計画の終焉を決定づけるできごとが起こります。ボーイングは1997(平成9)年、MD-95を製造するマグドネル・ダグラスとの合併を発表、MD-95は「ボーイング717」と名前を変え、ボーイングでも製造が続けられることになりました。

 こうして、一時は実現に大きく近づいた「YSX」ですが、最終的には、ライバル機がボーイングで作られることになったため計画はとん挫、幻のモデルとなってしまったのです。