2020年の「東京オリンピック・パラリンピック」の聖火が、日本に到着。航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が、前回の東京オリンピック以来となる「五輪」を、久々のカラースモークで大空に描きました。

ブルーインパルス「五輪」を1998年以来のカラースモークで

「東京オリンピック・パラリンピック」の聖火が2020年3月20日(金・祝)、ギリシャのアテネより特別輸送機「TOKYO2020号」で、航空自衛隊の松島基地(宮城県東松島市)へ到着。「聖火到着式」が開催され、同基地を拠点としている航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が、大空にオリンピックシンボルの「五輪」を描きました。

 残念ながら今回は強い風のため、円は短い時間で消えてしまいましたが、ブルーインパルスがオリンピックに関連し、その航跡で「五輪」を描くのは、1964(昭和39)年に開催された前回の東京オリンピック以来です。なお「五輪」は、5色のカラースモークで描かれています。

 ちなみにブルーインパルスはカラースモークを、染料の地上への影響などから1999(平成11)年以降、使用していませんでしたが(染料なしの白いスモークのみ使用)、このたびの五輪に向けてその課題を改善。今回、およそ20年ぶりにカラースモークを使った演技を披露しています。

 またブルーインパルスは「五輪」を描いたのにつづいて、5色のスモークを出しながら、今度は式典会場上空をまっすぐ通過していきました。

早く到着した特別輸送機 規模縮小での到着式 聖火今後の予定は?

 聖火は、JAL(日本航空)とANA(全日空)がコラボしたボーイング787-8型機(機番:JA837J)の聖火特別輸送機「TOKYO2020号」に載せられ、松島基地へ到着。当初は11時ごろに着陸の予定でしたが、強い風が吹く可能性があったため、早められて9時30分ごろに松島基地へ到着しています。

 また聖火到着式は、世界的に感染が広がっている新型コロナウイルスの影響で、宮城県の子どもたちの参加が取りやめられるなど、規模が縮小されての開催になりました。

 到着した聖火は、東日本大震災からの復興に尽力する被災地の人々に向け、3月20日(金・祝)から25日(水)まで宮城県、岩手県、福島県の順に2日間ずつ「復興の火」として展示。そして26日(木)、福島県楢葉町・広野町にあるナショナルトレーニングセンター「Jヴィレッジ」より、国内の聖火リレーが始まる予定です。
 
 なお「東京オリンピック・パラリンピック」は、2020年7月24日(金)から開催が計画されています。