オーストラリア線は、同期間ほぼ運休となります。

53路線、計3315便が運休

 JAL(日本航空)が2020年3月24日(火)、新型コロナウイルス関連肺炎の感染拡大に伴う環境変化への対応として、国際線運航便を追加で減便すると発表しました。

 3月29日(日)から4月30日(木)の期間、53路線で、計3315便が減便、運休となります。また、29日から開設予定だった成田〜ベンガル―ル(インド)線、成田〜サンフランシスコ(アメリカ)線も開設延期となります。

 JALの運航計画では、上記の期間、60路線で、計5148便が運航される予定でしたが、今回の発表で、計画比の36%まで運航規模が縮小されるとのこと。特にシドニー、メルボルンのオセアニア方面便は、4月期は運休されることから、計画比の4%まで規模が縮小されると予定です。

 なお、JALは今後、さらなる減便対応も検討しており、決定次第共有するとしています。