遊園地のジェットコースターに関するアンケートを実施。4割が「何でも楽しんで乗れる」と答えた一方、1割は「絶対に乗れない」という結果でした。子どものときから怖さが増減したきっかけについても回答が寄せられています。

ジェットコースター「絶対に乗れない」は1割

「乗りものニュース」では2020年3月22日(日)から24日(火)にかけて、ジェットコースターに関するアンケートを実施。339人から回答が集まりました。

「現在、遊園地のジェットコースターに乗れますか?」の質問では、次の結果になりました。

・何でも楽しんで乗れる:42.2%
・少し怖いが乗れる:18.9%
・激しいものでなければ乗れる:14.7%
・子ども向けなど、ゆるめのものなら乗れる:10.6%
・絶対に乗れない:9.4%
・その他:4.1%

「その他」は、「速いのは好き、高さの勝負は苦手」(55〜59歳、女性)、「高い所からまっすぐ落ちていく(マイナスのGが掛かる)のは無理ですが、シート側にGが掛かるものなら平気。航空機と同じです」(50〜54歳、男性)、「病後のため、好きですが乗ることができません」(50〜54歳、男性)、「暗い場所なら問題ない」(55〜59歳、男性)といった回答です。

子どものときと比べてジェットコースターの怖さは減った?

「子どものときと比べて、ジェットコースターの怖さは減りましたか?」の質問では、「怖さは減った」42.5%、「怖さは増した」32.4%、「そもそも幼少時から怖くない」25.1%でした。

「怖さは減った」と答えた人は、そのきっかけとして、「安全と理解できたから」(45〜49歳、男性)、「一回乗ったら怖くなくなった」(25〜29歳、男性)、「車を運転するようになってスピード感に慣れたからかも」(45〜49歳、男性)、「怖がってたことが快感になった!」(20〜24歳、女性)などと回答しています。

「怖さは増した」と答えた人は、きっかけとして「マシーンが進化したから!」(50〜54歳、男性)、「出産」(45〜49歳、女性)、「三半規管の衰えかな?」(40〜44歳、男性)、「安全性を信じていたが、昨今のジェットコースターの事故による不安」(45〜49歳、女性)、「もともと怖いし今も怖い」(25〜29歳、男性)といった回答が寄せられています。

●アンケート実施概要
・調査期間:2020年3月22日(日)19時ごろから3月24日(火)20時ごろまで
・調査方法:Questantのシステムを利用して調査
・対象:「乗りものニュース」のSNS(Twitter、Facebook)のフォロワーなど
・有効回答数:339