多くの高速道路では起点側からICやJCTに1から通し番号が振られていますが、外環道はちょっと変わっています。大泉JCTは「50」、和光IC「51」ですが、草加ICは「72」、三郷JCTは「80」と増え、欠番も存在します。

外環道のIC・JCT番号は「50」から

 多くの高速道路のICやJCTには、起点側から通し番号が振られています。たとえば関越道であれば、起点の練馬ICが「1」、次の大泉JCTが「2」、その次の所沢ICが「3」、といった具合です。

 ところが、外環道の場合はこの法則性が当てはまりません。関越道に接続する大泉JCTの「50」から時計回りに、和光IC「51」、和光北IC「52」、戸田西IC「53」と増え、次の首都高と接続する美女木JCTは「60」になります。

 以後、戸田東ICから川口中央ICまでの4つのICが、それぞれ「61」から「64」、そして次の東北道と接続する川口JCTは「70」になるなど、JCTごとに10の位が増えていきます。そして京葉道路と接続する京葉JCTが「90」になりますが、終点である東関東道と首都高湾岸線に接続する高谷JCTは「92」です(「91」は市川南IC)。

 40台以前の番号は、大泉JCTより南側の区間のために空けてある、というわけです。2020年4月現在、外環道は関越道〜中央道〜東名高速区間の工事が進められていますが、この建設自体は1960年代から決まっていたものの、長らく凍結されていました。このため、東名や中央道のIC・JCTにおいても、外環道が接続するJCTの番号「2」は欠番になっています。

 なお、東名から第三京浜を経て湾岸道路までの区間については、国の予定路線にはあるものの、計画は具体化しておらず、現在、国と東京都、川崎市の3者を中心に検討が進められています。

外環道の既存区間にも「欠番」 何のため?

 一方で、外環道の既存区間にも、IC・JCT番号の欠番が存在します。草加IC〜外環三郷西IC間の「73」と、松戸IC〜市川北IC間の「84」です。

「73」は八潮JCT(仮称)として、国道4号「東埼玉道路」が接続します。東埼玉道路は、外環道の高架下に並行する国道298号の八潮白鳥交差点から北、越谷レイクタウンの先までが開通していますが、中央部が大きな空き地になっています。現在の道路は本来の「側道」にあたり、中央部に高架あるいは掘割式の自動車専用道路が建設され、その「専用部」が外環道本線につながる計画です。

「84」は北千葉JCT(仮称)として、成田空港方面へ伸びる国道464号「北千葉道路」が接続する計画です。北千葉道路は現在、千葉県鎌ヶ谷市から成田市までの区間が開通しており、外環道から鎌ヶ谷市までの区間を含め、「外環道と成田空港を最短距離で結ぶ道路」として計画されています。

 いずれのJCTも、いまは影も形もないながら、外環道の本線にはあらかじめそれぞれのJCTを接続するための空間も確保されており、走行中にも確認できます。北千葉JCTから北千葉道路の既存区間まではいまだ事業化されていませんが、東埼玉道路専用部の八潮JCTから埼玉県松伏町までの区間については2020年度から事業がスタートしました。

※一部修正しました(5月6日10時00分)。