実績十分な自衛隊の新型コロナ対策ハウツー資料、管理者向け編です。

 防衛省 統合幕僚監部は2020年4月29日(祝・水)、「新型コロナウイルス対応〜管理者として感染拡大を防止するために〜」と題した資料を公式WEBサイト上で公開しました。

 内容は感染症対策を行う管理者に向けたもので、どのレベルの防護基準を定めるか、といった計画立案の段階から、個人や施設の感染防護基準に合わせた対策の仕方、教育や監督の要領までを網羅しています。

 統合幕僚監部は、これまで自衛隊が「ダイヤモンド・プリンセス」号対応や市中感染拡大対応に係る災害派遣などにおいて、感染者を出すことなく任務遂行してきたことを踏まえ、「この貴重な経験で得たノウハウを活用していただきたく、本資料を作成しました」としています。

 このほか4月14日(火)より、同じく公式WEBサイトで公開されている資料「新型コロナウイルスから皆さんの安全を守るために」は、新型コロナウイルスに対する基礎知識や家庭用漂白剤から消毒液を作る方法、手袋やマスクの脱ぎ方といった情報を掲載しています。