日本一長い名前の高速道路ICは、中間に「・」で区切りが入るほど長いものです。ICの名称は、地名以外の複合的な要素で構成されるものもあるなど、近年ますます長くなってきています。

高速道路IC名 ますます多様化&長く

 高速道路のICは、たとえば中央道の国立府中ICや、東北道の佐野藤岡ICのように、「〇〇●●」とふたつ以上の地名をつないだ名称が見られます。こうした名付け方は鉄道の駅名などにも見られるもので、高速道路ICでは1960年代から登場しています。

 そしてIC名は近年、かつてに比べますます長くなっています。たとえば青森県の第二みちのく有料道路 三沢十和田下田IC(青森県おいらせ町)のように、三沢と十和田、下田と3つの地名をつないだものもあります。

 このほか、同じ青森県の八戸久慈道 種差海岸階上岳(たねさしかいがんはしかみだけ)IC(青森県階上町)のように、観光地と観光地の名称が組み合わされたり、北海道の深川留萌道 北竜ひまわりIC(北海道北竜町。ヒマワリの作付面積で日本一)のように、地名以外の要素が使われたりもします。

 そうしたなか2020年現在、「日本一長い」とされるIC名は三遠南信道の「飯田上久堅・喬木富田IC」(長野県飯田市)です。「いいだかみひさかた・たかぎとみだ」と読み、「・」を含め10文字、読み仮名は「・」を除き15文字です。

「スマート」まで入れると日本一は入れ替わる

 長野県飯田市内には中央道の飯田ICのほか、三遠南信道の起点でもある飯田山本ICなどがあります。また飯田市に隣接する喬木村にも、三遠南信道の喬木ICがすでに開通していました。

 そうしたなか、飯田上久堅・喬木富田ICが2018年3月、飯田市内に開通します。国土交通省の飯田国道事務所によると、仮称の段階では「飯田東IC」だったものの、喬木村の富田地区にも近いこと、また「どこに近いICなのか」を明確にする観点から、地元の意向も受け、いまのIC名が決まったそうです。

「たとえば、『上久堅喬木IC』でも、飯田市と喬木村の地名が混同されてしまいます。飯田市と喬木村双方の『自治体名+字名』と表記を揃え、『・』でつなぐことで、わかりやすくしました」(飯田国道事務所)

 なお、三遠南信道の飯田上久堅・喬木富田IC〜喬木IC間は2020年4月現在、未開通です。

 飯田上久堅・喬木富田ICの開通以前は、2001(平成13)年に開通した東九州道 大分農業文化公園IC(大分県宇佐市)の8文字が、日本一長いとされていました。なお、高速道路の路線図などでETC専用のスマートICは、「〇〇スマート」と表記されることがありますが、この「スマート」まで含めた場合、2016(平成28)年に開通した東名高速の大井川焼津藤枝スマートIC(静岡県焼津市)が11文字になり、飯田上久堅・喬木富田ICを上回ります。また、一般的に「IC」と呼称されませんが、都市高速道路の出入口を含めると、阪神高速2号淀川左岸線のユニバーサルシティ出口が、表記で9文字です。

 ちなみに日本一短いIC名は、こうした話題ではおなじみでもある三重県の伊勢道 津ICです。また飯田上久堅・喬木富田ICのように「・」で区切られたIC名はほかに、伊豆縦貫道の大場・函南(だいば・かんなみ)IC(静岡県三島市)もあります。