在来線も利用が大きく減少しました。

 JR東海は2020年5月7日(木)、ゴールデンウィーク期間(4月24日〜5月6日)の利用状況について発表しました。

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の発令などにより、利用は前年に比べ大きく落ち込んでいます。

 東海道新幹線の期間中の利用者数は29万2000人で前年比6%。在来線の特急列車は1万1000人で前年比4%でした。特急列車のなかで減少率が比較的少なかった寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」でも、利用者数は1000人ほどで前年比12%でした(東海道本線の静岡〜浜松間で集計)。

 JR東海は緊急事態宣言が延長されたことを踏まえ、5月11日(月)から当面のあいだ、東海道新幹線は「のぞみ」を3〜4割程度減らすなど運転本数を見直すとしています。