新型コロナの影響下、機内の感染防止に航空各社が策を講じるなか、スタッフの安全対策のひとつとして、ひと目で防御力の高そうなことがわかるCA用制服が登場しました。デザイン面もこれから洗練させていくそうです。

通常制服のうえに保護服を着る会社はあるものの…。

 新型コロナウィルスの影響で、航空会社は、たとえば中央席の販売を一時停止することで他人との距離を一定に保つなど、各社それぞれが機内での感染防止策を講じています。

 そしてCA(客室乗務員)は、機内での感染予防のため、マスク、場合によっては手袋を着用することが世界中で一般的になりつつある2020年5月現在、「コロナ対策」仕様のCA用制服も見られるようになりました。

 フィリピン航空は同社のSNSで現地時間4月17日(金)、新たな制服を発表しました。その外観は、ほぼ全身を覆う真っ白なロングコートのようなもので、顔にはマスク、ヘアバンドをつけたうえ、フェイスシールドを装着しています。

 同社のコーポレートカラー、そしてフィリピンの国旗の色である青、黄、赤色の3色が左肩にあしらわれているものの、その外観はCAの制服というより、保護服を着た医療関係者のように見えるデザインです。

 海外ではドバイのエミレーツ航空などで、CAが通常の制服の上に汎用の保護服を着用する試みは見られるものの、「制服」として保護服デザインを取り入れたものは異例といえるでしょう。もちろん、こうなった理由は新型コロナウィルスの感染からCAを守るためです。

素材にもこだわりのフィリピン航空新制服 その今後は?

 フィリピン航空によると、同社の「コロナ対策」仕様のCA制服は、フィリピンのデザイナー、エドウィン・タンさんがデザインを手がけたもので、CAが業務を遂行できるよう、フィット性と機能を備えているものといいます。

 エドウィン・タンさんはこの制服について、デザインの時間が十分に取れなかったとしながらも、使用素材に小さな穴のないものを使ったことで、一般的な保護服より防御力に優れている、といった趣旨のコメントをしています。

 フィリピン航空によると、この日発表されたものはいわゆる「暫定バージョン」にあたり、今後こういった制服について「様々な外観やデザインや色を披露します」と投稿しています。こちらの新制服は4月20日(月)、自国民を救援するための臨時フライトから着用されているとのことですが、同社の通常の旅客便は5月8日(金)現在、全便運休しています。

 このほか現地メディアの報道によると、同じフィリピンに本拠をもつLCC(格安航空会社)、フィリピン・エアアジアも4月27日(月)、フィリピン人デザイナーにより同社のデザインが施された「コロナ対策」仕様の制服を発表しています。