ホームドアの設置も進みます。

 相鉄グループは2020年5月27日(水)、総額187億円となる2020年度の鉄道・バス設備投資計画を発表しました。

 鉄道事業(相模鉄道、投資額178億円)では、2022年度下期に開業を予定している相鉄・東急直通線向けの新型車両20000系電車が、導入済みの1編成に加え新たに6編成(60両)導入されます。2023年度までに全16編成がそろう計画です。あわせて10000系電車1編成がリニーアルされます。9000系電車は空調システムが改良されます。

 星川〜天王町間の連続立体交差事業(横浜市都市計画事業)は、星川駅や天王町駅の駅舎改良や車両留置線の整備が進められます。

 海老名駅総合改善事業は、2022年度の新駅舎開業に向けて駅舎の建て替えが進められます。南万騎が原駅のリニューアルや二俣川駅、大和駅、湘南台駅へのホームドア設置、西谷駅、希望ケ丘駅への待合室設置なども行われる計画です。

 バス事業(相鉄バス、8億円)は、ハイブリッドバス10両を含むドライバー異常時対応システム(EDSS)搭載の乗合バス17両、高速バス2両が導入されます。