改札の場所も変わります。

 JR東日本東京支社は2020年6月2日(火)、新宿駅で建設中の東西自由通路について、供用開始日が7月19日(日)に決まったと発表しました。

 同駅では2012(平成24)年から、東口改札と西口改札を結ぶ地下改札内の北通路(幅約17m)を拡幅し、幅約25m、長さ約100mの改札外自由通路にする工事が進められています。東西自由通路とともにホームへの24人乗りエレベータも整備。あわせて東口・西口改札の移設・改称も行われる予定です。

 改称については、東口改札は「東改札」、西口改札は「西改札」、中央東口改札は「中央東改札」、中央西口改札は「中央西改札」、南口改札は「南改札」、東南口改札は「東南改札」にそれぞれ変わります。新南改札、甲州街道改札、ミライナタワー改札の名称は現在のままです。「東口」「西口」など出口の名称は変わりません。

 これまでJR新宿駅の構内を通らずに東西を移動する際は、南側の甲州街道か北側の地下連絡通路「メトロプロムナード」まで回る必要がありました。今回の東西自由通路ができることで、東西方向の往来の利便性が向上します。

 なお東口地上では、駅前広場内の車両動線を変更し、歩行者空間を拡大する工事が並行して進められています。7月中旬には、歩行者空間の拡大と、ルミネが共同で携わる「賑わい空間」が整備されます。広場全体の整備完了は2021年3月の予定です。