海上自衛隊の作戦行動において艦載ヘリコプターは必要不可欠なものですが、その先駆けはどんな艦だったか、運用開始から現在まで洋上でのヘリコプター運用における、いわゆるマイルストーン的存在になった自衛艦を3隻見ていきます。

自衛艦で初めてヘリコプターを搭載したのは?

 2020年現在、海上自衛隊のほとんどの護衛艦には、ヘリコプターの搭載能力が付与されています。また護衛艦に限らず掃海母艦や輸送艦などの補助艦も、大型のものはヘリコプターの発着が可能なものが多くなっています。

 海上自衛隊は、艦載ヘリコプターの運用ですでに半世紀以上の実績があります。そうしたなか、初めてヘリコプターを搭載したものや、初めて対潜ヘリを搭載したものなど、歴史の節目にあった海上自衛隊の艦船について振り返ります。

 海上自衛隊で初めてヘリコプター格納庫や発着甲板を備えた艦船は、砕氷艦「ふじ」です。同艦は、戦後初の南極観測船「宗谷」に続く2代目の南極観測船として知られ、2020年現在も名古屋港ガーデンふ頭で係留展示されています。なお「宗谷」は海上保安庁所属であったため、「ふじ」は海上自衛隊初の砕氷艦であり、かつ南極観測船です。

「宗谷」においてはすでにヘリコプターが運用されており、「ふじ」を建造するにあたってその運用能力を拡充するため、大型のS-61輸送ヘリコプターを3機搭載できるようにしました。これにより「ふじ」は基準排水量5250トン、全長100mと、海上自衛隊の艦船で初めて5000トンを越え、それまでのものとは一線を画す大きさでした。

「ふじ」は1964(昭和39)年8月28日に起工、1965(昭和40)年7月15日に竣工します。起工前の1962(昭和37)年、輸送艦「しれとこ」の上甲板を用いてS-61ヘリコプターの運用試験と乗員訓練が行われ、その結果が「ふじ」にフィードバックされました。

 また「ふじ」は海上自衛隊が維持運用しましたが、建造は文部省(当時)予算で行われました。そのため、竣工後に防衛庁(当時)に移管され、砕氷艦に類別の上、艦番号が付与されています。なお、艦名は一般公募により決められました。

初の対潜ヘリコプター搭載護衛艦は?

 戦闘が主任務の海上自衛隊護衛艦で、初めてヘリコプターを搭載したのは「たかつき」です。同艦は砕氷艦「ふじ」が竣工した2年後、1967(昭和42)年3月15日に竣工しました。

「たかつき」が搭載したのは、海上自衛隊初の無人ヘリコプター、QH-50「ダッシュ(DASH)」です。これはアメリカ海軍が開発した無線操縦の対潜ヘリコプターで、1959(昭和34)年に初飛行し、同国では1962(昭和37)年から運用を開始しています。

 海上自衛隊は「ダッシュ」に対し、その初飛行直後から関心を寄せており、1963(昭和38)年度予算で早くも「ダッシュ」搭載護衛艦の建造を計画します。これが「たかつき」です。

「たかつき」の建造を進めるのと並行して、1965(昭和40)年にアメリカから「ダッシュ」4機の供与を受け訓練を開始、「たかつき」の就役とともに本格的な運用を始めました。

 しかし、「ダッシュ」を開発したアメリカでは、無線操縦の不安定さから訓練での損耗があまりにも多く、結局、兵器としての実用性は低いと判断されて1969(昭和44)年に運用を終えます。

 海上自衛隊は運用を継続するものの、アメリカが運用を止めた影響で維持するための部品などが先細りとなり、1979(昭和54)年で使用を止めました。

 なお「たかつき」は「ダッシュ」を2機搭載し、船体最後部が発着甲板で、その直前に専用格納庫がありました。ちなみに同型艦はほかに3隻が建造されています。

初の有人対潜ヘリコプター搭載艦は?

 護衛艦で初めて有人対潜ヘリコプターを搭載したのが護衛艦「はるな」です。はるな型護衛艦の1番艦として1973(昭和48)年2月22日に竣工しました。

「はるな」が搭載したのは、大型の有人対潜ヘリコプターHSS-2です。同機は前述した砕氷艦「ふじ」が搭載していたS-61輸送ヘリコプターの対潜水艦仕様で、機内に吊り下げ式ソナーを装備し、魚雷を積んで、1機で敵探知と攻撃の両方を行うことができました。

 砕氷艦「ふじ」が搭載したのと同じサイズのヘリコプターを3機積むために、「はるな」の船体は当時としてはかなり大きく、基準排水量4700トン、全長153mと、護衛艦として初めて4000トンならびに全長150mを超えた艦でもあります。

 船体の後ろ半分をヘリコプター格納庫および発着甲板にするために、127mm速射砲やアスロック対潜ミサイル発射機などは前甲板へ集約されています。

 また波の高い荒れた外洋でもヘリコプターの発着ができるように、自衛艦として初めてフィン・スタビライザーと呼ばれる動揺軽減用の水中翼を船体中央の艦底左右に備えました。このほかにも、発着甲板には「ベアトラップ」と呼ばれるヘリコプター着艦拘束装置を初めて装備しています。

 一説には、海上自衛隊は創設当初から対潜哨戒機を複数搭載した小型空母をアメリカから導入しようとしたり、ヘリコプター搭載の空母型護衛艦の国内建造を計画したりしてきたそうです。

 それらは計画のみで終わりましたが、一方で前述した各種自衛艦でヘリコプターの運用を続けてきたからこそ、現在のいずも型護衛艦につながっているともいえるでしょう。