方々からの多様な注文に応えた結果、初期コンセプトとかけ離れるというのはよくあります。軍用機も例外ではなく、なかでもWW2期ドイツのJu88は、注文の数々に対応するうちに様変わりしてしまった機体の代表といえるかもしれません。

高速爆撃機として誕生し様々な要望に応えた爆撃機 Ju88

 ビジネスにおいて、顧客ニーズの多様性に対応するため多角化戦略を進めることがありますが、過去には、現場の要請や戦略変化などで、後からどんどんと、機能が多角化してしまった爆撃機があります。それが第2次世界大戦を通して、ドイツ空軍が使い続けたJu88という爆撃機です。

 同機は、第1次世界大戦の講和条約として締結されたヴェルサイユ条約におけるドイツの軍備制限が破棄され、同国が再軍備宣言をした1935(昭和10)年に計画されました。「800kg以上の爆弾を搭載でき、戦闘機より速い爆撃機」という要求仕様に応える形で、航空機やエンジンのメーカーであるユンカースが開発を手掛けた双発爆撃機です。

 この「戦闘機より速い爆撃機」というコンセプトは、民間機という名目でハインケルが開発し、先に量産化していた双発爆撃機He111にも共通しており、ドイツ以外にイギリスやソビエト連邦などでも同様の爆撃機運用法が考えられていました。そして1936(昭和11)年から開発を始められたJu88は、1937(昭和12)年9月に試作3号機で最大速度523km/hを記録し、要求どおり当時の主力戦闘機だった初期型のBf109を50km/hも上回る記録を出しました。

急降下爆撃の有効性が注目されJu88にも要求される

 しかし、開発中に発生した「スペイン内戦」で実戦投入されたHe111の戦訓などにより、早くもこの「戦闘機より速い爆撃機」という考えは疑問が持たれるようになりました。その一方で同機には、別の機能要求がされます。それは「急降下爆撃能力」です。

 ちょうどスペイン内戦で威力を発揮したのが、同じユンカース製の単発急降下爆撃機Ju87で、以降、ドイツ空軍は何かと急降下爆撃に対するこだわりが強くなり、Ju88もその機能を付けるように仕様変更がされます。

 この変更は単に、ダイブブレーキ(急降下減速用エアブレーキ)を搭載するだけでは不可能で、主翼や胴体、燃料タンクなど多くの部分が再設計になりました。この際、多用途化を想定して航空魚雷搭載能力も付与されることとなります。

 さらに、1939(昭和14)年にJu88の配備が開始されてまもなく第2次世界大戦が始まると、爆弾倉の中だけでは搭載量が足りないとエンジン内側の主翼下にも爆弾架が設けられます。これは空気抵抗が大きく速度低下の要因にもなりますが、当時の戦闘機は高速化が急速に進んでおり、もはや戦闘機を振り切れないという前提で搭載量を取ったようです。

現場の意見からどんどん色々な役目が与えられてしまったJu88

 1940(昭和15)年7月から翌年5月まで続いたイギリス本土空中戦、いわゆる「バトル・オブ・ブリテン」のさなかに、Ju88はHe111に代わる形で主力爆撃機を務めましたが、ドイツ空軍戦闘機の航続距離の短さの影響で護衛を受けられない状況が多く、損害は大きかったといわれます。それでもHe111に比べれば損傷率は低かったとか。

 やがて、前々から指摘されていた防御火器の貧弱さなどから、爆撃機としては1943(昭和18)年ごろにはすでに限界が見え始めます。しかし、完全な形での後継機の不在などにより、依然として数の上では主力爆撃機の状態が続きます。それどころか、このころから現場での要請により、Ju88の多機能化が進んでいきます。

 まず魚雷搭載能力のおかげで、商船などを攻撃し物資輸送を妨害する通商破壊でも使用機会が多くなります。さらに爆撃機としては軽快な点を活かし、一撃離脱専用の戦闘機として使われるものも出てきました。ただ、一撃離脱機としてはほかの純粋な戦闘機の方が性能は良いため結局、昼間は使えないという結論となり、最終的には偵察機や夜間戦闘機として使うことで落ち着きます。なお夜間戦闘機としては、それまで主力であったBf110の生産機数を、大戦末期には追い抜いてしまうほどでした。

 また、独ソ戦の激化により、戦車や車両攻撃などを担当する攻撃機として運用してはどうかとカスタム機体まで登場しますが、これは鈍重すぎてテストのみで終了したようです。さらに大戦後期には初心に帰り、Ju88の高速化仕様機であるS型が登場するものの、生産時期が悪く実力を発揮できずに終わりました。

 最終的にJu88は「ミステル」という、コクピット部分を大型爆弾に換装したミサイルのような兵器にもされてしまいます。

 Ju88全タイプの生産数は1万5000機を超え、これは戦中のドイツ爆撃機で最大の数でした。性能的には、第2次世界大戦の中盤以降にはもう限界が見え始めていたにも関わらず、生産が続けられたのは、爆撃機として同機を刷新できる後継機の不在と、良くも悪くも、様々な注文に応えられる機体がほかになかったからともいえるでしょう。

※一部修正しました(7月1日6時40分)。