売上高で日本トップクラスのSAです!

 NEXCO中日本と中日本エクシスは2020年6月30日(水)、東名高速の海老名SA(下り線)をリニューアルし、7月22日(水)9時に「EXPASA海老名」としてオープンすると発表しました。

 東名のSAとしては最も東京側に位置する海老名SAは、上下線とも日本トップクラスの売上高を誇るエリアです。今回の下り線リニューアルでは、これまでフードコートの西側にあったショッピングエリアを、東側にも増設。お盆や年末年始などの混雑期にもゆったり買い物ができるといいます。

 またフードコートでは、創業220年のそば店「芝大門更科布屋」が高速道路に初出店するほか、全国各地のラーメンを楽しめるラーメン専門店「海老名麺'sROAD」が新たにオープン。既存店もリニューアルするそうです。また、メロンパンの48時間あたり販売個数でギネス世界記録に認定されているベーカリー「ぽるとがる」もリニューアルし、メロンパン専門コーナーも設けられるといいます。

 今回のグランドオープン時には、AI(人工知能)を活用したエリア・コンシェルジュの導入も予定しているといい、中日本エクシスは「今後も世界に誇れるSAとして進化を続けます」としています。

 ちなみに、「EXPASA」は中日本エクシスがNEXCO中日本管内のSA・PAで展開する商業施設のブランド名で、海老名SAの上り線はすでに「EXPASA」を名乗っています。