黒い787系クルーズトレイン、いよいよ始動です!

 JR九州は2020年6月30日(火)、観光列車「36ぷらす3」の運行を10月15日(木)から開始すると発表しました。

「36ぷらす3」は、「九州のすべてが、ぎゅーっと詰まった“走る九州”といえる列車」をコンセプトに、九州7県を5日かけて周遊する列車です。木曜日に博多駅を出発、月曜日に戻ってくる行程で、2020年度は12月中旬から年始を除き、特急「かもめ」などに使われている787系電車で毎週運行されます。発着時刻など、曜日ごとの詳細は以下の通りです。

●木曜日「赤の路」※カッコ内の時刻は休日
9時52分(9時58分)博多駅発 → 11時10分ごろから約20分間 玉名駅でおもてなし → 11時50分 熊本駅着 12時ちょうど 熊本駅発 → 14時25分ごろから約15分間 牛ノ浜駅でおもてなし → 16時24分 鹿児島中央駅着

●金曜日「黒の路」
12時16分 鹿児島中央駅発 → 13時20分ごろから約50分間 大隅大川原駅でおもてなし → 15時ごろ 青井岳駅に約10分間特別停車 → 15時57分 宮崎駅着

●土曜日「緑の路」
11時25分 宮崎空港駅発、11時43分 宮崎駅発 → 13時05分ごろから約10分間 延岡駅でおもてなし → 13時40分ごろ 宗太郎駅に約10分間特別停車 → 13時55分ごろから約20分間 重岡駅でおもてなし → 16時23分 大分駅着、16時46分 別府駅着

●日曜日「青の路」
11時30分 大分駅発、11時43分 別府駅発 → 12時ごろから約15分間 杵築駅でおもてなし → 12時50分ごろから約10分間 中津駅でおもてなし → 14時20分ごろから約30分間 門司港駅で自由散策 → 15時01分 小倉駅着 15時11分 小倉駅発 → 16時32分 博多駅着

●月曜日「金の路」※カッコ内の時刻は休日
10時51分(11時05分)博多駅発 → 12時07分 佐賀駅着 12時20分 佐賀駅発 → 13時ごろから約60分間 肥前浜駅でおもてなし → 15時36分 長崎駅着 17時30分 長崎駅発 → 19時48分 佐賀駅着 20時05分 佐賀駅発 → 21時03分 博多駅着

 各駅でのおもてなしでは、地元特産品の販売など行われます。また各行程中、4号車のマルチカーで1、2回程度、体験メニュー(有料)と車内イベント(無料)が実施予定です。

旅行代金は?

 各行程とも、JR券と食事がセットになった「ランチプラン」と「ディナープラン」、JR券のみの「グリーン席プラン」が設定されます。なかでも「ランチプラン」と「ディナープラン」は、1号車から3号車の個室か、5、6号車の座席を利用するか選択できます。

 旅行代金は、たとえば大人の「ランチプラン」個室で1万7000円から3万円。行程によって異なり、それぞれ子ども料金もあります。発売時期は、「ランチプラン」と「ディナープラン」が2020年8月ごろから、「グリーン席プラン」が乗車1か月前の午前10時から。発売箇所はそれぞれ、「36ぷらす3」専用ホームページ、JR九州インターネット列車予約、全国のみどりの窓口などです。

 JR九州は、「この列車に九州の魅力を詰め込むことで、お客さまには、九州の魅力を再発見し、九州をより深く楽しんでいただきたいと思います」としています。