1時間あたり「のぞみ」を最大12本まで運転できるようになったものの、コロナ禍で、その能力を発揮できていなかった東海道新幹線。その能力を図らずも2020年8月7日、ひとつのコロナ禍対策として初めて発揮することになりました。

向上した能力を一度も発揮できていなかった東海道新幹線

 お盆を控える2020年8月7日(金)、東海道新幹線で「のぞみ12本ダイヤ」が、およそ5か月遅れで初めて実施されました。以前より2本多い、1時間あたり12本の「のぞみ」を走らせるものです。

 2020年3月14日(土)のダイヤ改正で東海道新幹線は、需要に応じ最大12本まで「のぞみ」を運転できるように、輸送力と利便性を向上させました。その余地が元々あったのではなく、車両性能の向上や車内清掃時間の短縮といった工夫で実現させたものです(上下線合計ではなく片方向だけの本数)。

 しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響で運転本数の見直しが迫られ、春分の日の三連休をひかえた3月19日(木)に初めて設定予定だった「のぞみ12本ダイヤ」は中止に。やろうと思えば「のぞみ」を1時間に12本走らせられるにもかかわらず、春休み期間も、ゴールデンウイークも、東海道新幹線はその向上した能力を一度も発揮できない状況が続いていました。

 しかし、お盆期間とはいえコロナ禍で需要が大きく下がっているなか、なぜ今回、初の「のぞみ12本ダイヤ」を実施し、輸送力が高められたのでしょうか。東海道新幹線の今夏お盆期間における予約状況も、昨年の20%程度とのこと。

 コロナ禍にみまわれた「のぞみ12本ダイヤ」は、奇しくも逆にひとつの「新型コロナウイルス対策」として、その能力をまず生かすことになっています。

コロナ禍 お盆時期でも自由席の列に人おらず そこであえて過去最大の列車本数を

 JR東海は、今回の「のぞみ12本ダイヤ」実施の理由について、新型コロナウイルスの影響がおさまっていないなか、新幹線の利用が緩やかに回復していることを踏まえ、「のぞみ」を12本運転できる「東海道新幹線の能力」を最大限活用し、列車の混雑率を緩和することによって“密度”を下げ、利用者に安心して乗車してもらうためといいます。

 実際に「のぞみ12本ダイヤ」最初の列車となった、8月7日(金)の東京駅9時00分発の「のぞみ213号」は、発車約10分前のドアが開いた時点で、3両ある自由席の列に並んでいたのは2名のみ。指定席は、各乗降口に数名から10名程度が並んでいるという状況。9時00分の東京駅発車時点でも、全体的にだいぶ余裕がありました。

 JR東海は8月16日(日)、過去最多となる455本の列車を東海道新幹線で運転するそうです。お盆期間中の1日平均運転本数も、昨年年より11本多い431本とのこと。

 また新型コロナウイルス対策としてJR東海は、こうした「余裕を持った座席提供」のほか車内の換気、駅や車両の清掃・消毒、ビニールカーテンやマスクを使った飛沫感染の防止などを行っているほか、マスクの着用、会話は控えめにすること、対面状態での座席使用を控えることを乗客へお願いしているといいます。

 なお8月7日(金)に設定された「のぞみ12本ダイヤ」は、9時台と、17時台から19時台で、8月はほかに8、9、11,12,13,15、16、17、21日にも行われる予定。ちなみに、現在の東海道新幹線における1時間あたりの最大運転本数は、「のぞみ」12本、「ひかり」2本、「こだま」3本の合計17本です。