浅野忠信、共演した子役から“算数の先生”のオファーを受ける『幼な子われらに生まれ』プレミア試写会

浅野忠信、共演した子役から“算数の先生”のオファーを受ける『幼な子われらに生まれ』プレミア試写会



数々のベストセラーを手がけている直木賞作家・重松清が1996年に発表した傑作小説の実写映画『幼な子われらに生まれ』が、8月26日の公開に先立ちプレミア試写会を実施。浅野忠信、田中麗奈、宮藤官九郎、南沙良、鎌田らい樹、新井美羽、三島有紀子監督が登壇し、それぞれの思いを語った。



バツイチ・再婚・連れ子のパパになったサラリーマン・田中信を演じた浅野は、「台本をもらってすぐにやりたいと思った作品。女性の監督と仕事をするのは初めてだったが、監督がとても面白い形で詰め込んでくれた」と本作の完成度の高さをアピール。三島監督は「一瞬でもお芝居に見えるようなところがないようにしようと思った。セリフや動きが突然変わってもいい、そのとき感じた気持ちを大事にワンテイクで撮ろうというのを目指した映画でした」とこだわりを明かした。



三島監督が「浅野さんはお芝居というような瞬間が一瞬もない。子供のようにむき出しで向かって来られる役者さんは初めてでした」と続けると、浅野は「監督にさまざまな意見を出したり、どんどんわがままを言って困らせてしまって……」と陳謝。そんな浅野に三島監督は「でもそれがよかったんです。1人ひとりの気持ちを確認しながら、ぶつかり合いの化学反応をとにかく記録していった」と満足げに語った。



一方の田中は、夫に頼りきった専業主婦という今までとは違った役作りへの苦労を明かした。撮影当時は新婚2か月ほどだったそうで、顔パックしながら夫を迎えるシーンについては「その頃はパックして旦那さんを迎えるなんてありえないと思っていましたが、今は旦那さんの前でパックして髪をドライヤーで乾かしながら台本を読んでいるので、結婚ってそういうものなんだなと」と自身の生活を重ねながら述懐。撮影中には手作りの中華スープを差し入れしたこともあったそうで、共演者から「現場で癒やされました」と褒められると、田中は「初めて50人分くらい作ったので、なかなか味の調整とかが難しかったです」と振り返った。



一方、DV癖のある奈苗の元夫・沢田を演じた宮藤は、「なかなかヒドい男の役で、好感度が下がるかも…嫌いにならないでください」と会場の笑いを誘いつつ、「奥さんや娘の悪口とか、思っちゃいけない事が(台本に)書いてあるので、逆に演じやすかったです」と回想。劇中では初共演の浅野と対峙するシーンもあり「信と沢田は表向きは正反対ですけど、多分共感していく部分がすごくあるんだろうなと思います。(浅野さんとのシーンは)すごくやりやすかったです」とコメントした。



夏休みの課題に挑戦!

夏休みの課題に挑戦!




舞台挨拶では、小学校に通う新井の夏休みの宿題を、一同が手伝う一幕も。買い物の代金を計算するという算数の問題を受けた浅野は「たぶん2千円で買える。おつりはおこづかいであげるっていうのが、うちのやり方」と浅野家のルールを明かして新井たちを笑わせたが、その後しっかりと、計算を順序立てて先生のように、新井にも分かりやすく解説。新井は浅野に「家に来てもらって全部、教えてもらいたい」とオファーを送って会場を沸かせていた。


映画『幼な子われらに生まれ』

8月26日(土)テアトル新宿・シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー





出演:浅野忠信 田中麗奈/水澤紳吾 池田成志 南沙良 鎌田らい樹 新井美羽/宮藤官九郎 寺島しのぶ

原作:重松清「幼な子われらに生まれ」(幻冬舎文庫刊)

監督:三島有紀子(『幸せのパン』『繕い裁つ人』)

脚本:荒井晴彦

配給:ファントム・フィルム(2016年/日本/ビスタサイズ/5.1ch)

関連記事

T-SITEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索