佐々木蔵之介、『コウノドリ』で綾野剛の恩師役で初共演

佐々木蔵之介、『コウノドリ』で綾野剛の恩師役で初共演

10月13日からスタートする『コウノドリ』(TBS系、毎週金曜22時〜)新シリーズが島根県の隠岐の島町でクランクインした。また、今回のシリーズで綾野剛演じる主人公・鴻鳥サクラの恩師・荻島勝秀役に佐々木蔵之介の出演が決定した。


クランクインした隠岐の島は、手付かずの自然とダイナミックな海が人気の島で、 島の北西部にそびえ立つローソク島は、ローソクの形をした岩に夕日が重なり、まるで一本のローソクに 火を灯したように見える、奇跡の瞬間と呼ばれる絶景で知られている。



佐々木演じる荻島は現在、産科過疎地の離島で総合医として孤軍奮闘している。前シリーズにはなかった“島”という壮大なロケーションで繰り広げられるリアルな医療現場も見どころのひとつ。島の街道を自転車で走ったり、ドクターヘリが登場したりと、“あれ? どこかで見たことあるな…”と思わせるようなシーンがちらほらあるという。



今回が初共演となる綾野と佐々木。佐々木との共演について綾野は「お会い出来たこともそうですけど、ご一緒出来るのがすごく光栄で。僕らの世代は佐々木蔵之介さんのことがみんな好きなので。サクラにとっての師匠が佐々木蔵之介さんになるって聞いたときに感謝しかありませんでした」とコメント。



一方の佐々木は「綾野剛くんはいろんな役を演じるのを楽しむ、幅の広い役者さんだと思います。今回、先輩後輩の医師という役柄での初共演、サクラの優しい人柄にも触れ、穏やかな島でとても心地よく演じさせて頂きました」と、初共演の印象を語った。



『コウノドリ』第1話あらすじ



あれから時が経ち、産婦人科医としてベテランの域に入った鴻鳥サクラ(綾野剛)。研修医だった下屋(松岡茉優)と新生児科の白川(坂口健太郎)もそれぞれ専門医となりペルソナで精力的に働いている。



ある日、サクラは助産師の小松(吉田羊)と耳が聞こえない妊婦の早見マナを診察する。夫の健治も付き添いで来ていたが、健治も耳が聞こえない。医療用語は手話や口唇術では伝えるのか難しいため、ホワイトボートを使い筆談で伝えることに。



一方、産婦人科医・四宮(星野源)は早く仕事に復帰したいキャリアウ ーマンの妊婦、佐野彩加を診察する。予定通りに生まれるのか聞いてくる彩加に耳を貸さず、丹念にエコー をかける四宮。



診断の結果、彩加の赤ちゃんは“心室中隔欠損”と呼ばれる心臓に小さな穴が開く疾患にか かっていることが分かる。激しく動揺する彩加に周産期センター長の今橋(大森南朋)も加わり、慎重に彩 加と夫の康孝に伝える。彩加は早く仕事に復帰したい気持ちと病気の赤ちゃんという2つの不安に挟まれる。 さらにマナも出産を前に、サクラにある不安を打ち明ける…。

関連記事

T-SITEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索