ももクロ、夏の味スタで4年に一度のバカ騒ぎ! スポーツとももクロの融合を見せつける!

ももクロ、夏の味スタで4年に一度のバカ騒ぎ! スポーツとももクロの融合を見せつける!



>フォトギャラリーで写真をもっとみる(33枚)



ももいろクローバーZが、8月5日(土)、6日(日)に東京・味の素スタジアムで4年振りの開催となる『ももクロ夏のバカ騒ぎ2017 -FIVE THE COLOR Road to 2020- 味の素スタジアム大会会場』を開催し、2日間で述べ100,902名を動員した。



ニューシングル「BLAST!」のリリース週末に開催されたライブ『ももクロ夏のバカ騒ぎ2017』。ライブ共は“ももクロとスポーツの融合”をテーマに、ライブ演出が行われ、ライブでは味の素スタジアム内で開催されたライブ本編の他にも場外で様々なイベントが開催された。



開演時刻となり、オープニングVTRが流れると、名門・関東学院中学校高等学校総勢137名によるオープニングマーチの演奏がスタート。オープニングマーチと共にライブに出演するスポーツ選手が登場。2日間で述べ160名のスポーツ選手が出演している。初日開会式には、聖火ランナーとして小林孝至氏(ソウル五輪 レスリングフリースタイル48kg級金メダリスト)、荻原次晴氏(長野五輪出場、ノルディックスキー世界選手権団体金メダリスト)、吉田沙保里選手(国民栄誉賞受賞、アテネ、北京、ロンドン五輪金メダリスト)が出演。小林氏から荻原氏、荻原氏から吉田選手、そして吉田選手から百田夏菜子へ聖火が手渡され、百田が聖火台に聖火を灯すと会場に大歓声があがりライブがスタートした。



初日、2日共にライブはニューシングル「BLAST!」の衣装に身を包みスタート。2日目はニューシングルのカップリング曲「境界のペンデュラム」を皮切りに「天手力男」や「ゴリラパンチ」、「CONTRADICTION」とアッパーなナンバーに続いてシングル表題曲である「BLAST!」をパフォーマンス。ライブには2日間にわたりハーフマラソンや100m走、1500m走、走り幅跳び、走り高跳び、スポーツクライミング、110mハードル、空手がライブに組み込まれた。



ハーフマラソン初日の女子大会には東京国際マラソン優勝の谷川真里、大阪マラソン2016優勝の坂本喜子、年代別世界記録保持者の中野陽子ら招待選手含む全60名、2日目の男子大会にはロンドン五輪出場の藤原新、2010年北海道マラソン優勝のサイラス・ジュイ、第29回IAU100km世界選手権2016優勝の山内英昭、年齢別フルマラソン世界記録保持者の保坂好久ら招待選手含む全51名が参加。



ハーフマラソンは味の素スタジアム内、そして外周を駆け抜けライブ中にマラソンはスタートする。男子1,500m走には森脇健児含む現役選手、100m走には井出らっきょ含む現役選手、その他にも第23回世界空手道世界選手権大会男子団体形金メダルの沖縄劉衛流空手・古武道龍鳳会や、2016年日本選手権優勝の青島綾子による棒高跳び、日本女性初のプロクライマー尾川智子や日本を代表するフリークライマー小西大介によるスポーツクライミングがライブに組み込まれた。



夏季パラリンピック大会出場選手によるパフォーマンスも見逃せない。初日には、ロンドンパラリンピック100m走7位入賞の高桑早生による走り幅跳び、2日目にはシドニー、アテネ、北京、ロンドンと夏季パラリンピック大会、4大会連続入賞を果たし、先日行われた世界パラ陸上競技選手権ロンドン大会で銅メダルを獲得した鈴木徹が出演している。



初日には2013年開催「ももクロ夏のバカ騒ぎ world summer dive 2013.8.4 日産スタジアム大会」に出演し、百田夏菜子と100m対120m対決で圧倒した武井壮も再び出演。今回はももいろクローバーZ5名と武井壮1名による200mリレーを行ったが、今回も武井壮の勝利に終わった。



2日目には松崎しげるが代表曲「愛のメモリー」と共にサプライズ出演。来年7月28日(土)、29日(日)にアイドル界最大の夏フェス「夏S(ナツエス)」を開催することを発表。スターダストアイドル新プロジェクト“スターダストプラネット”も立ちげられるという。来年迎える10周年を記念して、春でも夏でも無い時期に大型単独ライブも開催されることも発表されている。



2日間でももいろクローバーZは述べ50曲をパフォーマンス、4年に1度の「バカ騒ぎ」は聖火の消灯と共に幕を閉じた。



セットリスト

【8月5日公演】

overture〜ももいろクローバーZ参上!!

M1.Survival of the Fittest-interlude-〜BLAST!

M2.サラバ、愛しき悲しみたちよ

M3.上球物語 -Carpe diem-

M4.DECORATION

M5.境界のペンデュラム

M6.労働讃歌

M7.何時だって挑戦者

M8.PUSH

M9.ココ☆ナツ LIVE ver.

M10.猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」

M11.全力少女

M12.JUMP!!!!! LIVE ver. 関東学院中学校高等学校マーチングバンド

M13.オレンジノート

M14.ゴリラパンチ

M15.もっ黒ニナル果て

M16.桃源郷

M17.BIONIC CHERRY

M18.行くぜっ!怪盗少女

M19.走れ!

M20.桃色空

M21.Hanabi

M22.ワニとシャンプー

M23.希望の向こうへ

EN1.コノウタ

EN2.バンド紹介(Link Link)

EN3.HAPPY Re:BIRTHDAY



【8月6日公演】

M1. overture 〜ももいろクローバーZ参上!!〜

M2. 境界のペンデュラム

M3. 天手力男

M4. ゴリラパンチ

M5. CONTRADICTION

M6. Survival of the Fittest-interlude- 〜 BLAST!

M7. ザ・ゴールデン・ヒストリー

M8. ココ☆ナツ LIVE ver.

M9. 黒い週末

M10. 何時だって挑戦者

M11. PUSH

M12. Chai Maxx

M13. JUMP!!!!! LIVE ver. with 関東学院中学校高等学校マーチングバンド

M14. D’の純情

M15. ワニとシャンプー

M16. 男子走り高跳びパフォーマンス

M17. もっ黒ニナル果て

M18. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」 with SAMURAI ROCK ORCHESTRA

M19. キミノアト

M20. 行くぜっ!怪盗少女

M21. 走れ!

M22. 桃色空

M23. 青春賦

M24. MOON PRIDE

M25. 白金の夜明け

EN1. ツヨクツヨク

EN2. バンド紹介(Link Link)

EN3. あの空へ向かって



ももいろクローバーZ オフィシャルウェブサイト:http://www.momoclo.net/

関連記事

T-SITEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索