タカタ、清算までには「7〜8年掛かる」

 11月21日、エアバッグ大手のタカタ(株)(TSR企業コード:295877413、東京都)は中国資本傘下の自動車部品メーカーKey Safety Systems, Inc.(DUNS:180656753、アメリカ、以下KSS)と事業譲渡に関して最終合意に至ったと発表した。譲渡価格は1,750億円(15億8,800万ドル)。タカタは譲渡により得た資金で、民事再生手続きの再生債権などを弁済する方針だ。


タカタ本社受付

タカタ本社受付

譲渡対象の資産と事業

 タカタとKSSは事業譲渡に関して6月に基本合意していた。最終合意により、相安定化硝酸アンモニウムを使用したエアバッグインフレーターの製造・販売に関する一部資産と事業を除いて、全てKSSへ譲渡されることが決まった。タカタは今後、グループを再編した上で譲渡対象ではない事業を当面継続することになる。
 事業譲渡は、2018年3月初めまでに実施されるもよう。ただ、タカタ社内からは「自分が譲渡先へ行くのか、残るのか知らされていない」との声が漏れており、今後詳細の詰めが行われるものとみられる。

事業譲渡先は

 KSSの日本法人として、キー・セイフティ・システムズ・ジャパン(株)(TSR企業コード:294138021、神奈川県)が確認されるが、タカタの担当者は「どの会社が(事業の)受け皿になるかはこれから詰める」と話す。

再生債権の弁済率は

 タカタが東京地裁へ提出した再生債権認否書によると、届出債権は35兆8,393億円に上り、このうち1兆792億円をタカタは再生債権として認めている。ただ、最終的には東京地裁により判断される。
 今回の最終合意で、事業譲渡の対価としてタカタは1,750億円をキャッシュで得る。これを元手にアメリカ司法省と司法取引で合意した自動車メーカー向け補償基金への拠出や民事再生後の管理コストの支払い、一般債権の弁済などを行う。このため、一般債権の弁済率は数%にとどまる可能性があるが、タカタの担当者は「様々な利害関係者がいるため、現時点で弁済率に関するコメントはできない」と述べるに留めた。
 なお、タカタは11月27日までに東京地裁へ再生計画案を提出する予定。

タカタの今後

 タカタは、譲渡以外の事業を継続したのち、最終的に清算される。タカタの担当者は「交換用インフレーターの製造・販売を継続したのち清算となる。清算の詳細な時期は分からないが、7〜8年は掛かると思う」とコメントした。

 (東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2017年11月24日号掲載予定「Weekly Topics」を再編集)

 TSR情報とは

関連記事

TSR速報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索