(株)I.Aホテルズ(TSR企業コード:014931290、法人番号:2180301028002、台東区浅草1−27−10、設立2015(平成27)年5月)は2月4日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には田川淳一弁護士(功記総合法律事務所、中央区築地1−10−7、電話03−6226−0632)が選任された。
 負債総額は債権者182名に対し約12億2300万円(民事再生申請時点)。

 浅草などで雑貨店、ホテルを運営していた(株)わけあり本舗(TSR企業コード:298017385、台東区、2019年3月民事再生法申請)の関連会社。豊橋市のビジネスホテル「クインシーズイン豊橋」をはじめ、静岡、山梨、茨城などで観光客向けのホテルを運営していた。
 2017年4月期に売上高約5億円をあげ、その後もインバウンド需要による回転率の増加と、積極的な出店により2018年4月期は売上高13億994万円まで増加した。
 しかし、グループの旅行会社(株)日本の旅エンジョイ(TSR企業コード:022916849、台東区、2019年2月破産開始決定)が海外企業からの売掛金の回収難により資金繰りが悪化し、当社が貸し付けていた約4500万円が返済不能となる事態が発生。リース料やグループ会社からの借入負担も過大となっていた。
 こうしたなか、2018年9月の台風により、外国人客の宿泊予約が半数以上キャンセルとなるなどして経営が急激に悪化。2019年3月に、わけあり本舗と同時に東京地裁へ民事再生法の適用を申請したが棄却され、破産へ移行することとなった。