2020年4月のドル円相場は、3月の乱高下から落ち着きを取り戻し、107円台を中心とした持ち合いを続けてきた。しかし、主要国によるドル資金供給、利下げや量的金融緩和が相次いだことでドルの需給緩和感からドル安の進行を予想する見方もある。
 こうしたなか、4月の「円安」関連倒産(速報値)は1件(前年同月ゼロ)で、今年に入って4カ月連続で発生した。(株)キッチンプランニング(TSR企業コード:203055390、法人番号:8110001016456、新潟県燕市)は2006年3月に設立、家庭用雑貨の企画・開発を主業務として、主にキッチン用品等を数多く取り扱っていた。付加価値を付けた商品はメディアに取り上げられることも多く、ピーク時の2014年2月期には売上高1億4,560万円を計上していた。しかし、その後は円安による輸入商品の価格高騰や同業他社との競争も厳しさを増し、2019年2月期の売上高は6,400万円にまで減少、資金繰りも限界に達し、4月9日、新潟地裁より破産手続開始決定を受けた。
 また、「円高」関連倒産は15カ月連続で発生しなかった(前年同月ゼロ)。

円安

円高