(株)アーネスト(TSR企業コード:922001243、法人番号:8290001043499、筑紫野市永岡1021−2、設立1990(平成2)年6月、資本金4000万円、米山勝郎社長)は5月7日までに事業を停止し、福岡地裁への破産申請を吉原俊太郎弁護士ほか2名(弁護士法人桑原法律事務所、福岡市博多区祇園町1−40、電話092−409−0775)に一任した。
 負債は現在調査中。

 長崎県内を中心に飲食店を展開し、居酒屋「居酒屋ZEN」、カフェ「ダーツ&スポーツカフェ ZEN’MOON」を直営で出店。このほか、「ランチボックス」として膳諌早店と、島原カントリー倶楽部レストラン内での弁当・仕出しサービス、島原カントリー倶楽部のロッジでレストランとホテルの運営受託なども手掛け、ピークの2008年9月期には6業態20店舗以上を展開し、売上高約17億4100万円を計上した。
 しかし、以降は競合激化等で店舗売上が伸び悩み、不採算店の閉鎖などで立て直しを図ったものの減収に歯止めが掛からず、2017年9月期には売上高が約5億3200万円まで減少した。
 近年は「旬鮮台所ZEN」のほか、串カツ店、すし店、食堂などを計7店舗運営していたが、他店との競合激化により業績回復には至らず、債務超過の状態が続いていた。
 さらに、新型コロナウイルス感染拡大により外出自粛が強まるなか、5月7日まで飲食店全店舗が休業に追い込まれ、業績が悪化。先行きの見通しも立たないことから、今回の措置となった。。