(株)豊田(TSR企業コード:291618758、法人番号:2013301008881、豊島区北大塚2−6−10、設立1964(昭和39)年7月、資本金1000万円、豊田純司社長)と、関連の益子食品(株)(TSR企業コード:291773737、法人番号:2013301011332、戸田市笹目6−7−19、登記上:豊島区北大塚2−6−10、設立1979(昭和54)年4月23日、資本金1500万円、同社長)は7月13日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には竹村葉子弁護士(三宅・今井・池田法律事務所、新宿区新宿1−8−5、電話03−3356−5251)が選任された。
 負債は、豊田が債権者約380名に対して30億679万円、益子食品が約370名に対して15億6240万円、2社合計45億6919万円。

  豊田は、首都圏に展開する寿司店チェーン「寿し常グループ」を約40店舗運営。回転寿司やテイクアウト専門などの多店舗展開を行い、ピーク時の2003年6月期 には売上高約61億円をあげていた。
 しかし、競合他社との競争激化や、消費増税による売上減が収益を圧迫したことに加え、2020年に入り、新型コロナウイルスによる影響で業況が悪化。緊急事態宣言の発令に伴い、テナントとして入居するショッピングセンターの臨時休業などから、売上が固定費を大幅に下回り、急激に資金繰りが悪化した。

 こうしたなかスポンサーを模索し、6月までに飲食店をチェーン展開する(株)東京一番フーズ(TSR企業コード:295284730、法人番号:4011101033768、新宿区、東証1部)の連結子会社に一部店舗と従業員を承継し、それ以外の事業を停止、破産申請の準備に入っていた。
 益子食品は鮮魚加工、総菜製造事業を行う関係会社だったが、豊田に連鎖した。