沼津沖の夜タチウオシーズンイン! ゲストも多彩だ(幸松丸)

沼津沖の夜タチウオシーズンイン! ゲストも多彩だ(幸松丸)

「今年はちょっとスタートが遅れた感じ。でも、8月の後半になってからはいい感じで食ってるよ」。今期のタチウオゲーム、そのスタートを振り返るのは静浦港「幸松丸」の松坂孝憲船長。エサはもちろん、ルアーの食いも上がり出した! という情報を得て、16時30分出船の早夜船に乗船した。

まずまずのサイズがアベレージ! ジギング・テンヤ・エサ釣りなんでもOK

本番は暗くなってから

明るいうちからヒットすることもある

トルクフルな引きを浅いタナで思う存分あじわえる

私でも簡単に釣れちゃいます!

2本目もしっかりキャッチ!

ダブルでヒットだ!

みんなで楽しむ沼津湾の夜釣り!

取材日は女性アングラーの姿が目立った。手軽なタチウオゲームは、気楽な夜遊びにもってこい!?

指4本サイズだ

女性でも簡単に釣れちゃうタチウオ釣り

このサイズがアベレージだ

ヒットしたら抜き上げだ

良型のタチウオゲットだぜ!

アタリがきたらしっかりアワせよう!

歯が鋭いので持つ時は気をつけよう

ゲスト多彩な沼津沖! これはイトヨリだ

ときおりまじるという1㎏クラス! のメガアジ。食べてもめちゃくちゃ旨い!

お土産に最適だ

タックルはこの通り

メタルジグのウエイトやタイプはさまざまに用意しておくとよい。また、ソフトルアーやバイブレーションルアーなど、多彩にそろえておくと万全だ。船長もその楽しさに太鼓判。タチウオ用のひとつテンヤ。タックルを流用できるのでルアーマンも気楽に、エサとルアーの垣根を飛び超えられる

エサはこの通りに付ける

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・静浦港「幸松丸」。

釣り場は静浦港からほど近い我入道沖。水深は約50m前後。当地ではアンカーを打っての掛かり釣りとなる。 「早い時間はルアー有利、後半になるにつれてエサ有利ってことが多いかな。でも日によって違うこともあるから、どんどん釣っちゃったほうがいいよ」 と話す、船長。 指3本サイズがアベレージ。これに4〜5本サイズがまじってくる、というのが全体的な印象という。取材日は食い出しに少々時間がかかったものの、エサ、ルアーともに「いい感じ」で当たり出した。 「幸松丸」では片テンビン仕掛けの一般的なエサ釣りのほか、タチウオ用ひとつテンヤを楽しむ人、ルアーアングラーが入り乱れて楽しんでいる。自由度の高さが魅力でもある。当日も多くの釣り人が、道具を持ち替えて楽しんでいた。 絶好調! という日ではなかったものの、サイズもなかなか。乗船者全員がシーズン初期を堪能していた。これからも、駿河湾の夜タチはロングランで楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2014年10月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp
https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/


関連記事

つりまるの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索