気持ちいい新年を迎えた関東周年。富浦沖は、高水温が続き、すべての魚たちが高活性!ナイスボディの個体がそろう!冬の落ちのマダイシーズンはこれから!良型マダイを求めて富浦沖へ行こう!

内房の大場所・富浦沖の 冬の落ちダイシーズン開幕!今期は例年とは異なる 高水温時の対策をしよう

横瀬の深場で落ちの良型マダイを狙う

shikake_029_1578565672 富浦沖は、館山湾と東京湾の両方の湾口部にあたり、潮通しよく古くからマダイ釣りが盛んな海域だ。

おもなポイントは、館山湾口の横瀬と富浦沖の象背根だが、年末年始にかけてのメインのポイントは横瀬だった。

今期は、冬なのに表面海水温がなんと20度以上。

黒潮か地球温暖化か、理由は定かでないが、全国的に高水温傾向でここ東京湾口も同様だ。

その影響は、マダイの釣れっぷりに出ていると富浦港「共栄丸」の笹子宏宣船長は、こう話す。

「12月になっても水温が下がらず、海のなかは秋の状態。だから、フグやウマヅラなどのエサ取り魚たちや青物も活発で冬の静かな釣りとは全く異なる状況です」と。

昨年秋は、館山湾内の水深40mの浅場で、大型マダイまじりで楽しめていた。

その浅場でも水温が高いのでいまでもマダイは釣れるが、小型が多くマダイたちも痩せているという。

これからの主戦場になるであろう横瀬の深場水深80〜100mのポイントは、数は多くないもの1〜2㎏メインでたまに良型が釣れる。

そして、最大の魅力は身の厚さ。
豊富なベイトを捕食しているのだろうか、すべての個体がナイスボディなのだ。

もちろん食べても味はよい。

横瀬はいわゆる、春の乗っ込みポイントだが、マダイたちが集結するには豊富なエサがあることが最大の理由。

今期はこれからこの深場にマダイが集まってくると考えられている。

だから、シーズンはこれからなのだ。

青物の超有名ポイントである象背根だが、今冬はイナダが多くマダイが釣りにくい環境になっているという。
6_1578567049 水温が高いので浅場でもマダイは釣れている。しかし、エサ取り魚が多い

タックルはコマセマダイ専用

shikake_030_1578566175 さて、富浦沖のコマセマダイタックルだが、一般的なコマセマダイタックルでよい。

竿は長さ2〜3m。
湾内なので大きなウネリはないので、いま流行りの2m前後のショートロッドで楽しむのもよい。

リールは小〜中型電動。
道糸はPE4〜5号を200mあれば十分。

ビシは、プラビシもしくはステン缶。

オモリは80号を使用。
ここでビシのサイズは大き過ぎるものは避けたい。

なぜなら、富浦沖のコマセマダイ釣りでは、コマセのドバまきは不要だからだ。

ステン缶であれば、細身、もしくはオモリ80号の小型のLT用でよい。

テンビンを介して2㎜径長さ1mのクッションゴムを付け、その先に2段もしくはストレートのハリスを全長10m前後接続する。

ハリはマダイバリの9〜10号前後でよい。

タナは上から。ハリスは 4〜5号10mが基本。1本バリ

富浦沖をホームグランウンドにする富浦港「共栄丸」では、オキアミコマセを使用。

ハリスの長さは10mを基本とし12mぐらいまで伸ばしてもオーケーだ。

船長が推奨する1本バリ仕掛けでマダイを狙っている。

指示ダナは、上からで通常は底から20m前後。

エサ取り魚との兼ね合いとマダイの活性により、指示ダナは前後する。
4_1578566359 コマセとエサはオキアミ。ビシはコマセが少量でよいのでFLサイズが適正

厳寒期というのに海のなかは、まだ秋。端境期を意識

年末年始は海水温が20度以上あった。

しかし、今後は少しずつではあるが、水温は下がっていくだろう。

下がれば、例年どおりの釣り方でマダイを狙うこととなる。

水温があまり下がらない場合、釣り方は「例年の…」は通用しない。

まずはこの状況下での対策から説明しよう。

高水温時は、ハリスの全長は 8mで。水温低下時は長め

shikake_031_1578566629 年末の高水温時は、なんとハリスの全長が8mの釣り人にヒットが集中。

ハリス6mのワラサ船でもマダイがヒットしていたほどだった。

「うちではコマセのドバまきはしませんけど、おそらくマダイはコマセのなかに突っ込んできているんだと思います。まさに秋マダイのパターンですよ」と笹子船長。

「なにせフグが多いのでハリスにはビーズなどのアピール系アイテムはいっさい付けないでください」と、船長はドシンプルな仕掛けを推奨。

このような環境では、ハリは目立たない銀や黒のカラーのものが有効だ。

一方、水温が下がったり、エサ取り魚がいなくなったり、魚の活性が鈍くなったときは、通常のハリス長さ10〜12mの仕掛けに戻すとよい。

そして、ハリやエサは目立たせよう。

つまり、秋モードをやめて、冬モードにチェンジする。

ハリは夜光のものやケイムラパール色のものを。

ハリスにはビーズや夜光玉を付けてもよい。

付けエサも秋モードは、オキアミ1匹付けが基本だが、冬モードになった場合は、アピール重視の2匹抱き合わせもオーケーだ。

オキアミコマセは少量、指示ダナより5m下から軽くまく

さて、「共栄丸」でのコマセマダイの釣り方だが、マダイの好漁場として有名な新潟県上越沖とほぼ同じだ。

カゴのなかにオキアミをひとつかみからふたつかみほどの少量のコマセを入れ、仕掛け投入後、船長の指示ダナより5mまでビシを落とし、10秒前後ハリスが潮になじむのを待ち、指示ダナまで数回に分けて軽くコマセを振り出しながらあげて、タナでアタリを待つというもの。

フグなどのエサ取りがいる場合は、コマセを入れずに投入することもある。

コマセが少量であるのは、同じポイントを長い時間潮流しするので、コマセはマイにオキアミを覚えさせる程度だからだ。

誘って掛ける釣りが楽しい、コマセマダイ釣り

shikake_032_1578566838 「共栄丸」では、基本的に魚を浮かせて掛ける指示ダナ設定なので、誘いは必ず指示ダナ前後で行うのが基本だ。

一番有効な誘いは、やはりここでも落とし込みだ。

秋パターンのときは、魚はかなり浮くしコマセカゴに近づくので、指示ダナより2〜3m上より、50㎝刻みで止めを入れながらデッドスローで落とし込み動作を行う。

この場合、指示ダナでアタリがなければ、さらに2〜3m同じように落とし込もう。

これでアタリがなければ、ゆっくりと指示ダナまであげ、仕掛けを回収し付けエサをチェックする。

秋パターン時は、エサ取り魚がいることが前提なので、3分に1度はエサをチェックしたい。

食い渋ったとしてもも5分に1度はエサチェックする。

冬パターンは、落とし込みの誘いは、指示ダナスタートでオーケー。

50㎝刻みで止めを入れながらデッドスローで落とし込むが、だいたい2mの範囲内でたいていの場合結果が出る。

アタリが出ない場合は、落としても指示ダナから5mより下にはけしてビシを下げないようにしよう。

このように、秋と冬の海の端境期は、秋=魚が浮きコマセに突っ込む傾向がある。

冬=ボトム付近を泳ぎあまり浮かない。

ということを覚えておき、誘い動作を行おう。

アタリがあったら、竿を振り上げてしっかりとアワセをいれよう。

その際、電撃アワセのような極端に強く竿を振り上げるような動作はいらない。

ぎゅーっと竿を持ち上げるようなアワセでよい。 5_1578567193 深場のポイントの魚探。良型が群れている

内房・富浦沖 深場の良型コマセマダイ!釣行レポート

2_1578567374 水温が高くすべての魚たちが高活性! 73d92b8103f46352463240f7edaab9c5 身厚のナイスボディのマダイがターゲット。今期はこれから期待できるぞ 8_1578567593 ナイスボディの個体がそろう! 14_1578567536 良型マダイとファイト中 2c0dc2add94c01622e51177109ecdb49 3.3㎏!! e6bce997d3c7ac1b1638db9a3dd9b159 深場で釣り上げたマダイ。身厚のでっぷりとした個体が揃う。おいしそうだ 10_1578567678 見事なマダイがタモ網に収まってほっとひと安心 9_1578567706 ショートロッドでキャッチしたきれいなマダイ。落とし込みの誘いが有効だ 13_1578567819 このサイズが食べておいしい。 0e4f1a7a1ca3161de4796b2cce8599b5 お土産は十分確保できる be44418b7e5b0ad8c02b89f5b1a51da8 ショゴがヒット 11_1578567992 浅場でのうれしいゲスト、イシダイ 17_1578568048 今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦港「共栄丸」 気持ちいい新年を迎えた関東周年。

昨年秋、かつて経験したことがない自然災害を受けた内房・南房エリアだが、復興も進み普段どおりの平穏を取り戻している。

海のなかというと、マダイの好漁場として、その昔は生きエビエサのシャクリ釣りで栄え、現在はコマセ釣りが盛んな富浦沖は、高水温が続き、冬なのに秋の海が継続中だ。

「今期のマダイは例年の…が通用しないようですね。なにせ、水温が高く海のなかは秋のまま。しかし、少しずつマダイたちは水温が下がると固まる水深80〜100mの深場に落ちているようで、冬の落ちのマダイシーズンはこれからって感じですね。深場で釣れるマダイはナイスボディで食べてもおいしいです。ぜひ、狙ってみてください」とは、ライトゲームとコマセマダイなどテクニカルな釣りを得意とする、富浦港「共栄丸」の笹子宏宣船長の弁。

マダイの釣り方は、オキアミコマセ釣り。
少量のコマセをまいて、浮いてきたターゲットを釣るというもの。

「なにせ、秋の海が続いているようなら、ハリスは10mより短くしたほうがいいです。最近は全長8mでよくアタってます」と笹子船長が話すように、秋の定番パターンでマダイがヒットしていたようだが、水温が例年どおりに低下した場合は、通常のハリスの長さで臨んだほうがいい。

そこの判断は、海のなかの季節の変わり目ということで船長に聞くとよいだろう。

1月後半は、落ちのマダイシーズンが開始する。

さあ、おいしい良型マダイを求めて富浦沖へ行こう!!

以上の記事は「つり丸」2020年2月1日号の掲載記事です。