多彩なルアーゲームを展開する船橋港の「フレンドシップ」はタイラバゲームを得意とする船のひとつ。魅了されるアングラーも数多いタイラバゲームを紹介する。

東京湾の人気ターゲット、マダイ。魅了されるアングラーも数多いタイラバゲームを紹介する。

東京湾でもタイラバの釣果はどんどん安定する傾向がある

東京湾を舞台にしたタイラバゲームは、出船を始める船も増え、一定のシーンを形成する状況となっている。

黎明期は1枚をキャッチするのが至難、ということも多かった。

各船長の研究、努力、ネットワーク充実の成果、そしてタックルの進化が大きく貢献し、釣果はどんどん安定する傾向がある。
 
多彩なルアーゲームを展開する船橋港の「フレンドシップ」もタイラバゲームを得意とする船のひとつだ。

「年が明けてからもコンスタントに釣果が出ていますよ。水温が下がり切らないので、40m前後の浅場を中心に釣ることが多いですね」とは田岡要司船長。

厳寒期は大ダイこそ少ないものの、意外に数が出ることも多い。

3月中旬には十分に春の気配が濃くなっているだろう。

近年はあまりはっきりしないが、産卵前の荒食い、いわゆる乗っ込みへの期待もある。

とりわけ大ダイへの期待が大きく膨らむ時期だけに、座して待つのはおすすめできない。

積極的な釣行が吉と出るはずだ。

タイラバゲーム用基本タックルとは?

0172_1583979756 回転性能が高い、高品質のリールを使えればベストだ タイラバ用基本タックルを整理しておこう。

ロッドは7ft前後の専用ロッドから選ぶと安心だ。

やや硬めのタイプが100g前後のタイラバを使用することが多い東京湾向きとしておすすめできる。
 
リールは小型のベイトリールを使用する。

選択肢は数多くあり、ブラックバス用などでも十分に使用できる。

長期間の使用を考えるならソルト用のものが安心だ。

ひたすら巻いては落とす、という動作を繰り返す釣りなので、巻き上げがスムーズで、堅牢さも確保する中級機以上が理想的だ。

メインラインはPE0.8〜1号を、最低でも200mは巻きこんでおく。

1mごとにマーキングが入ったものがおすすめ。

着底の素早い把握に役立つからだ。

リーダーはフロロカーボンの4〜5号を使用する。

自分の得意とするノットで3m程度結節しておくとよい。

タイラバのヘッドウエイトは80〜100gが中心となる。

ヘッドに関しては赤やオレンジなどの定番色を選んでおけばOKという感じだが、完成品だけでも数は多く、選択に迷ってしまう状況だ。

近年の東京湾ではラバースカートなし(もしくは少々)、細いネクタイというセットが人気だ。

全体にアピール度、ボリュームともに低いもののヒット率が高い、というのが多くの支持を得ている理由だ。

また、船上で見かけるエキスパートに共通しているのが、フックを頻繁に交換している、ということ。

自作してもよいが、市販のフックシステムもある。

ケチることなく交換すればフックアップ率が大幅に向上するに違いない。 8871_1583980047 メインラインはPE0.8〜1号を、最低でも200mは巻きこんでおく。1mごとにマーキングが入ったものがおすすめ 555_1583980499 タイラバのヘッドウエイトは80〜100gが中心。近年、実績が高い「中井チューン」モデル。試してみるのもいいだろう

基本をマスターすることはすこぶる簡単

タイラバは難しい釣りではない。

もちろん、奥は深く、工夫のしがいもたっぷり存在するが、基本をマスターするのことはすこぶる簡単だ。
 
投入の合図があったらタイラバを海底まで落とし、10m程度を目安に巻き上げ、クラッチを切って再び海底まで落とす。

この動作を移動の合図があるまで繰り返すだけで、一定のヒットが望める。
 
船長の指示を守り、ひたすら同じ動作を繰り返す初挑戦のアングラーが、船中トップ釣果を得ることもあるのが、タイラバゲームの妙味でもある。
 
しかし、簡単な動作のなかにもカンどころ、コツはある。

いくつか列記していこう。
 
まず、1回の投入で底を取り直す回数は5回程度までに抑えたほうがよい。

水深にもよるが、まめに回収、もしくは大きく20m、30m巻き上げてから落とし直すという動作を加えるとよい。

タイラバは疑似餌、同じポイントで何回も入れ直すより、違うポイントのフレッシュな魚にアピールするほうがヒット率は向上する。
 
着底したら即巻き上げ、もしくは海底ギリギリまで落とし、着底させることなく巻き上げるという工夫も効果的。

海底にベタっとタイラバがあってもヒットには結びつかない。

タイラバを追って海底付近まで追い掛け、着底&巻き上げと同時に反転して食ってくる、こんな動きをイメージするとよいだろう。
 
基本は同じスピードで巻き続けること。ただし、どんなスピードが効果的かはときどきで変わる。

ヒットが得られないときこそ、早くしたり遅くしたりと探っていくとよい。

巻き上げる距離は10m程度までを基本に、食いが渋い状況では低めに、活性が高い状況では高めに探るのがセオリー。

とくに春は水深の半分くらいまで追ってきて食うこともあるので注意が必要だ。
 
ここまではヒットまでの注意点。

アタってからの最大の注意点は即アワセ厳禁、ということだ。アタっても我慢して巻き続ける。少し巻き速度を落としてもよい。

いずれにしろロッドにマダイの重みがしっかり乗るまで巻き続ける、これが基本だ。

慣れないうちは常に意識しているとよいだろう。
 
ドラグさえ少し緩めに調整しておけば、大ダイであっても時間を掛ければ十分に上がってくる。

マダイは根に行く魚ではないので走るときはラインを放出、頭がこちらに向いたらドンドン巻き取る、という動作をスムーズに行っていれば必ず上がってくる。

焦りは禁物。落ち着いてやり取りすれば成功率は高くなる。
 
ご健釣をお祈りする!

例年とはちょっと違う展開!

厳寒期でも、水深40m台で 安定釣果を記録継続中!今後は乗っ込み期待!!

東京湾タイラバゲーム釣行レポート

0138_1583981439 東京湾では船を風に立てて流していくのが基本スタイル。釣りは両舷で楽しめる 0153_1583981472 アタリがあってもアワせることなく巻き続ける!これが基本中の基本だ 5641_1583981648 タックルの進化や釣り人や船長、メーカーの積極的な研究により高確率で釣れるようになった東京湾のタイラバゲームのマダイ(写真提供:フレンドシップ) 424f9e8c703dbff9985a9a37bcfb5ca9 連日のキャッチに沸く!(写真提供:フレンドシップ) c05e4567d9036c19361c059b5cd4928a 東京湾タイラバゲーム!(写真提供:フレンドシップ) 0164_1583981733 「自己記録のマダイかと思ったんですけど」と江東区の桜井さん。東京湾最大サイズのホウボウだ 0188_1583981799 「海底近くで食ったのでマダイかな、と思ったんですけど」とは墨田区の上田さん 0204_1583981847 今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・船橋「Friend☆Ship(フレンド・シップ)」 温暖化の影響か?ターゲットのシーズンに微妙なズレを感じる東京湾。

そのなかにあって安定釣果が続いているがマダイだ。

「水温が下がり切らず、冬が来ていないような感じもありますが、それでも釣果は続いていますよ」とは、船橋港「フレンドシップ」の田岡要司船長。

通常は60m、70mといった深場を狙う1月、2月の厳寒期でも、40m台を中心に狙っている、というのも、例年とはちょっと違う展開だ。
 
取材時は第二海堡周りの水深40mからスタート。

なかなかアタリが出ず、時間だけが過ぎていった。

ホウボウ、タチウオにまじって、ときおりマダイ「らしき」アタリ、ヒットもあったが、なかなか船内に入らず。西寄りの風が強まっていく1日で釣り辛さがあり苦戦したものの、結果的に完敗!となってしまった。僚船も同じく激渋だったようだ。
 
取材日を除いては、前後の釣行で外した日はない。

特大こそないものの3㎏クラスまではコンスタントに上がっている。

釣りだけにこんな日もある、ということだ。

「今後はマダイ中心に、4月に入れば青物も入ってくると思うので、リレー的に狙っていくかも知れません」
 
最新情報をよくチェックし、お出かけをおすすめします!

以上の記事は「つり丸」2020年4月1日号の掲載記事です。