東京湾に横浜新山下「アイランドクルーズFC」が展開する、クロダイ&キビレ新釣法が登場!ワームを使ってキャスティング、ボトムを攻める!ボトムチニング!!その魅力と基本釣法を紹介!

東京湾に新たなクロダイ&キビレゲームが登場!魅力と基本釣法を紹介しよう!

ボトム狙いのクロダイ&キビレゲーム

横浜新山下「アイランドクルーズFC」が展開する、「ボトムチニングゲーム」に注目だ。

キャスティングによる、ボトム狙いのクロダイ&キビレゲーム、というのがおおまかな特徴になるだろう。

同船がこれまで得意としてきた落とし込みのクロダイゲームとは対照的なスタイルの釣りとなる。
 
ボトムチニングの魅力を2人の船長に尋ねてみた。

「アタリがあり、これを掛けていく楽しさがあると思います。釣り方はマゴチに似ていますが、よりライトに楽しめます。地形変化やストラクチャー周りなどを攻めることが多いのも特徴ですね」(遠藤正明船長)

「キャストができれば釣れる可能性がある。落とし込みのようにタイトに撃たなければいけない、ということもない。アタリもはっきり出ます。もちろん上手下手はありますが、入門者にとってのハードルは低い釣りだと思いますよ」(池田暁彦船長)
 
少し玄人向けな印象がある落とし込みスタイルに対して、誰でも気軽に挑戦できる点は大きな魅力となっているようだ。

ただし、同船でもまだスタートしたばかりの釣り。

以降に紹介するタックルや釣り方などはまだまだ発展途上にある。

どんどんアップデートされる、ということを前提に、遠藤船長に取材したタックル&釣り方を紹介していくのでご了承いただきたい。 0142_1587790440 ボトムの地形変化を狙ってキャストするのも定番パターンだ

ボトムチニングゲームの基本タックル

万能という点ではスピニングタックルに軍配が上がるものの、ベイトタックルでも十分に楽しめる。
 
ロッドの長さは6.8〜7.6 ftくらい。

ティップは軟らかめのほうが、さまざまな演出に対応できるが、しっかりアワせるための強いバットも必須だ。

「アタリはけっこう強めに来るのでシーバスロッドでも十分に楽しめますよ」(遠藤船長)
 
タイプによってはバスロッドでも楽しめる。
 
リールは2500〜3000番程度のスピニングリール、小型のベイトリールで十分。

好みのものを選択すればよい。

メインラインはPE0.8〜1号が標準的。

リーダーは14〜16 Lbを目安にする。
 
根掛かりが多発する釣りとなる。

それゆえスナッグレス性能を重視したリグを選択することが大切だ。

オフセットフックと自在に動くシンカーを使った、ブラックバスやロックフィッシュ狙いで人気のフリーリグ(ビフテキリグなど)が現時点の定番リグだ。
 
シンカーは7〜21gと幅広く用意しておく。

ポイントによって水深や潮流の強さなどが変わるので、それに対応するためだ。

遠藤船長の基本は14gというから、このウエイトは多めに用意しておくとよいだろう。
 
フックはオフセットフックの1〜1/0が基本。

フックとのノット部が痛んだり、ズレたりしないよう、シンカーとの間にゴム製ビーズをセットするとよい。
 
ワームの選択はとても重要だ。基本的には2.5〜3インチ程度の、ホッグ、クロー系と呼ばれるタイプを選択する。

同じワームを使っていてもカラーによって大きく差が出ることもある。

各種揃えておくと安心できる。

「濃い目のナチュラル系のカラーと、チャート系カラーの2つは必ず押さえておきたいですね。まだ始めたばかり、ということもあるのか、意外に大きなワームが効果的だったりしますよ」(遠藤船長)
 
以上は現時点でのマストタックルだが、とくに注意したいのはワームのセット。

ワームが真っすぐになるよう丁寧にセットすることが重要だ。

いい加減にするとアタリが激減する。

軽視しないように! 0211_1587790916 万能という点ではスピニングタックルだがベイトタックルでも十分に楽しめる。ロッドの長さは6.8〜7.6 ftくらい。ティップは軟らかめのほうが、さまざまな演出に対応でよい 9009_1587791439 フリーリグと呼ばれる、自由に動くシンカーとオフセットフック(バーブレスが基本)、ホッグ&クロー系ワームを使ったセッティングが基本だ

キャストして海底までワームを沈めることが基本

釣り方の概要を紹介していこう。
 
港湾部を中心に岸壁際やゴロタ場、各種ストラクチャー周りや排水口周辺、カケアガリなどの海底の地形変化を狙っていくのが基本だ。

キャストポイントの水深は1m程度の浅場から6〜7mまでが多い。
 
キャストして海底までワームを沈めることが基本だ。

ポイントにもよるが、ロングキャストはラインが横方向に伸びるので、根掛かりを誘発しやすいので注意する。
 
確実に海底まで沈めたらアクションスタート。

現時点での効果的なアクションパターンはシェキング&ストップやボトムバンピング。

いずれにも共通するのは海底から浮きすぎることなく、誘いのアクションを演出、ポーズやフォールで食わせるタイミングを作るというパターンだ。

オカッパリで効果的なズル引きやスイミングアクションは、現時点ではいまひとつ、という。
 
アタリはシェイキング後のポーズ時やリフトしてからのフォール時に、クンッ、グンッとハッキリと出ることが多い。

ひと呼吸おいてからしっかりロッドを立ててアワせるとよい。

モゾモゾッと出るアタリもあるので、臨機応変に対応することも大切だ。
 
ドラグをしっかり調整していればラインブレイクの不安はない。

思う存分に引きを堪能してから、船長の差し出すネットに誘導すればOK。

とりわけメインターゲットとなるキビレはひとつのポイントで連続ヒットが期待できる。

好ポイントでは手返しよくキャッチ&リリースを繰り返すと釣果アップにつながる。
 
以上、簡単だが全体像を紹介した。

ぜひ新たな楽しさを味わっていただきたい。 0154_1587791302 遠藤船長おすすめワーム。Dolive Hog、Craw、Beaver(いずれもOSP製)の各色各サイズ

東京湾・横浜沖 クロダイ&キビレ!釣行レポート

0147_1587792008 実釣取材は4月上旬。まだ寒さが残る状況だった 9016_1587794023 アタリは明確に出る。ひと呼吸おいてビシッとアワせるのがコツだ 9030_1587794102 ランディングはネットを使って丁寧に、が基本だ 9044-2_1587794079 取材日のファーストフィッシュは良型のクロダイだった 9040_1587794370 チャート系はマストカラーだ 9065_1587794394 ガブッとヤラれるとヤバい相手。慎重にフックを外したい 9083_1587794463 ワームのセットは曲がらないよう丁寧に。これだけでヒット率は大きく変わってしまう 9106-2_1587794238 キビレ登場!「ボトムチニング」では、割合的にこちらがメインターゲットとなる 0176-2_1587794202 精悍な印象の黄色く染まった各ヒレ。綺麗な魚体が魅力のターゲットだ 0184_1587794298 操船しながらも見事キャッチ!の池田船長 9156-2_1587794516 50cmにあと少し、というこの日最大のキビレ。クロダイよりはやや小振りなのがキビレの特徴だ 0136_1587794637 今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「アイランドクルーズFC」 疑似餌、ジョイントキャンディを使ったクロダイ落とし込みゲームを確立、発信し続けている横浜本牧の「アイランドクルーズFC」が、新たなクロダイ&キビレゲームをスタートした。

「ボトムチニングという名前で出船していこうと思っています。ワームを使ってキャスティング、ボトムを攻める釣りになります」

ボトムチニングの意味としては、ボトム狙いのチヌゲーム、といったところだろうか?

オカッパリや関西地方のボートゲームでは定着しているが、東京湾ではまだ手探り状態の釣り。

出船している船もごくわずかだ。

実釣取材は常連さん2人に加え、遠藤正明船長もアングラーとして参加してくれた。

ポイントは近場に点在。

至近の横浜港内から京浜運河、羽田方面などを転戦していった。

ストラクチャー周りを中心に、オープンエリアのカケアガリ狙いなど、多彩なスポットを狙っていった。

経験の差もあってか、シェイキング&ポーズパターンを通していた遠藤船長にアタリが連発!

結果、遠藤船長は9枚のキャッチに成功!

この日は思いのほかクロダイのヒット率が高かったが、乗船者のほとんどがキビレを主体とした「ボトムチニング」ならではの釣趣を堪能できた一日だった。

「キャストができれば誰でも釣れる可能性があります。アタリもはっきり出る。入門者にとってのハードルは低い釣りだと思いますよ」と池田暁彦船長。

夏に向かっても出船予定!というから、ぜひともの挑戦をおすすめしたいニュースタイルだ。

※取材は緊急事態宣言前に敢行。
「アイランドクルーズFC」は、4月24日まで出船を自粛しているが、出船再開は状況次第。
最新情報の確認をお願いします。

以上の記事は「つり丸」2020年5月15日号の掲載記事です。