初島のイサキは解禁日から絶好調!LTまたはノーマルでこれからが最盛期!そこで最強のイサキ釣法を紹介する。2隻体制でもうひとつのオススメがベニアコウ!こちらは5月がラストチャンスだ。

コマセマダイの原点の釣法を 応用した誰にでも簡単にできる、最強のイサキ釣法を学ぶ

良型イサキがそろうのが魅力の初島周り

イサキは初夏が旬の魚だ。
理由はマダイ同様、乗っ込み期になり群れ固まり釣りやすくなるから。

食味は、他の多くの魚とは異なり、産卵前に身にたっぷりと脂をたくわえるのが特徴だ。

つまり、これからどんどんおいしくなる。

イサキの釣り方は、おもにコマセ釣り。

相模湾や東京湾口、南房総、伊勢湾口では、アミコマセが使われているが、伊豆半島から遠州灘では、オキアミコマセ釣りが行われている。

初島周りは後者。

初島周りのシーズンインは4月から。良型がそろうのが最大の魅力だ。

5月になると乗っ込み入る魚もいるのでますます、高活性になることが期待される。

まさにいま、旬で狙いどきのターゲットだ。 TM0515_tokushu2_4_01-2_1587862716 「よしひさ丸」では、少ないコマセでイサキを数釣る、スマートな釣りがベストだ

ポイントの水深は30〜50mの根周り

「今年のイサキは非常に群れが濃いですよ。かなり期待できます」とは、福浦港「よしひさ丸」の高橋勝久船長。

コマセマダイ釣りの発祥、つまり日本で最初にこの釣りを確立させたスーパー船長である高橋稔さんの息子が勝久さんなのだ。

父のDNAを踏襲した釣り理論、操船力はそのまま実釣に生かされている。

今年3月に大型船を就航し、親子船長2隻体制でこのイサキシーズンを晴れて迎えている。

イサキは湧昇流が発生する根周りに群れる。

黒潮の影響も色濃い初島周りには多くの根があり、イサキの群れもすこぶる濃いという。

ポイントの水深は30〜50m。イサキのほか、タカベやメジナ、ハナダイ、マダイなど魚種多彩で五目釣りを味わえるが、ウマヅラやフグ、ベラなどのエサ取り魚も多い。

タックルは水深が浅いため、ライトタックルもオーケー

06aa536f1e71e33d7e63e232fa6a4ad4 タックルはコマセマダイ釣りの延長の釣りのため、コマセマダイ用でオーケー。

竿は操作性を重視した短めの2〜2.4mのマダイ用、それに道糸PE3〜4号を収納した小型電動もしくはハイギアタイプの両軸リールの組み合合わせ。

ビシはこのノーマルの場合は80号を使用する。

ライトタックルは専用ロッドに小型電動、または小型両軸リールの組み合わせ。

道糸はPE2号前後。

ビシは40〜60号とノーマルより軽いものを使う。

ここで大事なのは、ビシカゴのサイズ。

「よしひさ丸」では、FLサイズを推奨している。つまりこれより大きいLサイズは必要ない。 TM0515_tokushu2_4_13-2_1587865644 ライトタック(LT)を勝久船長は推奨している。その際、ビシは40〜60号を使用

カゴに入れるオキアミコマセは、ひとつかみでオーケー

「初島周りのイサキはコマセ釣りですけど、ドバまきはしません。どちらかといえば、イサキに付けエサをみせて食わす釣りなので、少量でいいんです。実際は片手ひとつかみ程度。どうしてかって。この量じゃないと、しっかりとカゴからコマセが出ないんですよ」と勝久船長は話す。

カゴからコマセを出すにはまず、ビシカゴの穴調整をしなくてはならないという。

「FLのプラカゴの下窓は全閉め、上窓だけを開けてください」

これはウイリーシャクリ釣りで行われるコマセの調整と同じだ。

「上窓はカゴのなかに入れるオキアミの大きさで調整します」とのこと。

オキアミが大粒であれば全開、中粒であればほんの少し閉めるよい。

仕掛けはハリス3号 全長6m、3本バリ

仕掛けはハリス3号全長6m、3本バリが使われている。

「仕掛けは市販のもので十分ですが、できればそれを少しアレンジしてほしいですね。まず、アピールアイテムのビーズなどはいりません。エサ取り魚が多いので本命が食う前にエサととられないようにするためです。あとは枝スの長さですかね。市販のものは、枝スが長すぎて手前マツリしやすいので、カットして長さを15〜20㎝にするとよいです」とのこと。

付けエサはコマセのなかからチョイス!

さて、仕掛けに付ける付けエサだが、配られた付けエサのなかからチョイスするとよい。

オキアミは大中小とさまざまだが、イサキ釣りでは、“付けエサは小さ目”というがセオリー。

理由はアジ同様、プランクトンイーターであるからだ。

吸い込みやすいエサがいい、ということだ。

「イサキの活性が高いときは、付けエサの大きさに関係なくバンバン食ってきますけど、みなさんに覚えておいてほしのは、食い渋ったほどエサは小さいほうがよい、ってことです。だから、コマセのなかからエサをチョイスするのがおすすめなんです」と船長。

大型イサキ狙いの「よしひさ丸」流コマセワークとは

e234933060c9e9195d832d12d81f1e2e 「指示ダナは大型イサキのタナに合わせて出してます。大型イサキは群れの頂点にいる傾向がありますからね。反応をみてその天辺付近を狙い撃ちできるようにタナを決めているんです」とは、勝久船長。

「よしひさ丸」流のコマセワークはこうだ。

まず、指示ダナから10m下へビシをおろす。

マダイのようにハリスの潮なじみの時間は取らずに手巻きで1巻きもしくは2巻きずつ「カクンカクンカクン」と段をつけながら指示ダナまで中速で巻き上げる。

ビシが指示ダナに到達したら巻き上げを止めて、竿を大きくゆっくりシャクリあげ、その後ゆっくりともとの位置にもどす。これでイサキのアタリを待つというもの。

簡単に言うとタナ下10mから段を少しつけたタダ巻きでタナまでまいて、タナでひとしゃくりするだけということ。

水中では巻きあげ途中でコマセがカゴからパラパラと出て帯状になるという。

「ビシのなかのコマセはこの一回約10mの巻き上げでなくなっているか、ほんの少し残っている状態がベストです。たくさん残るのは、カゴの穴調整があってないか、たくさんコマセをカゴに入れすぎだと思います。このコマセのまき方でカゴからコマセを出るようにカゴの穴調整とコマセの量を調整をしてください」と船長。

「このコマセワークの意味は、活性のある魚だけ上へ引っ張ってくる目的もあります。タナより10m下へビシをおろすのは確実に仕掛けをコマセの帯のなかへ入れることを目論んでいます。ハリス長さ6mだから12mでも15m下からでもいいんですけどね」

このコマセワークは、イサキだけでなくもちろんマダイやカツオ、キハダなどオキアミコマセ釣りならなんでも有効だという。

コマセワーク後のタナでの“ひとシャクリ”の理由とは?

さて、指示ダナまでビシを上げたあとに、“ひとシャクリ”するのはどうしてか?

「10m巻き上げた状態でコマセの帯のなかに仕掛けが入っているのですが、最後のひとシャクリで今度は食わせるための動作を行います。竿をシャクリあげてから元の位置にもどすときには、糸ふけを出すとことになりますから、付けエサはフワフワとナチュラルに水中を漂うことになります。このエサがコマセの帯に入ったらベストです。食い気ある大型イサキは思わずスーっとエサを吸い込んでしまうでしょうね。これが狙いです」という。

活性が高いときは、追い食いを期待する

54b80ab438e5b9e969fab3dfb0005224 半日の間でイサキの活性はよかったり悪かったりとムラがあるのが事実だが、活性が高いときは、3本バリを活かして追い食いさせて多点掛けを狙ってみよう。

一番簡単なのは1匹ヒットしたら、そこから3〜5mほどデッドスローで巻き上げること。

ぐいぐいと引っ張られているときは、巻き上げを止めるのコツだ。

イサキの活性が低いときは、1匹ずつ確実にあげるのがセオリーだが、ここで多点掛けを狙うなら、1匹ヒットしたらそのまま置き竿にしてしばらく待ってみよう。

ただし、この方法であるとバレも多くなるのも理解しておこう。

もうひとつは、送る方法。

ヒットしたイサキは群れに戻る傾向がある。

その習性を利用して多点掛けを狙うというもの。

活性が低いと3本バリの先バリにヒットしていることが多い。

送りこむことで中間と手前のハリに食わすことが可能になる。

だが、これはあくまで食い渋り時の対策であり、釣り人の考えどおりにはいかないことも多いので、慣れない人は、“デッドスローの巻き上げ”だけで追い食いさせるようにしよう。

初島周りの良型イサキ&ベニアコウ 釣行レポート

TM0515_tokushu2_4_10-2_1587865094 魚探やソナーにはイサキの反応がビッシリ。今期の魚影はすこぶる濃い TM0515_tokushu2_4_07_1587864650 活性が高い群れや時合には一荷ヒットもザラ。こんなときはあえて追い食いを狙ってみよう TM0515_tokushu2_4_06_1587864764 一荷ヒットもアリ!! TM0515_tokushu2_4_02-2_1587864678 沖釣り初めての女性アングラーにもおすすめのターゲット。おいしいイサキを釣ろう TM0515_tokushu2_4_03_1587864714 大型イサキを狙い撃つ!! TM0515_tokushu2_4_04_1587864805 初島周りのイサキはこの良型が魅力。 TM0515_tokushu2_4_05_1587864827 船長は良型サイズを狙って指示ダナをだしているのだ TM0515_tokushu2_4_17-2_1587865611 これからますますおいしくなる貴重な近場のイサキたち TM0515_tokushu2_4_19-2-2_1587865685 ゲストは多彩。メジナやハナダイ、タカベがまじる TM0515_tokushu2_4_20_1587866159 釣果はこの通り。良型ばかりだ

究極の深海ターゲットが誰にでもチャンスあり!!

TM0515_tokushu2_4_23-2_1587866090 リールのカウンターは1000m近くを示した TM0515_tokushu2_4_23_1587866126 ベニのエサはイカタンが主流 TM0515_tokushu2_4_13_1587865904 ベニアコウのアタリは小さくわかりにくいが巻き上げ途中、道糸にテンションがかかると本命率がアップするという TM0515_tokushu2_4_12-2_1587865934 地元の常連、中村さんは今期は7本目となるベニアコウを一荷であげた。「連敗なし!」と絶大な信頼を稔船長におくという TM0515_tokushu2_4_11-3_1587865965 ハリの掛かりどころがよければ、この大きさは抜き上げ可能
TM0515_tokushu2_4_11-2_1587866006 「こんな小さいベニは初めてだよ」と言って貴重な本命をあげたベテラン釣り師。食べてはこのサイズでもかなり絶品だ TM0515_tokushu2_4_22_1587866207 乗船日の一週間前にはなんと一人で5本も TM0515_tokushu2_4_24_1587866266 今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・福浦港「よしひさ丸」
4月から開幕した初島周りのイサキは、今期も好調だ。

ここの特徴は、イサキのサイズが良型なことと、オキアミコマセ釣りで狙うこと。

イサキも乗っ込みに入っていくので5月からさらに本格化する。

「初島のイサキは解禁日から絶好調ですよ。ここの魚はコマセをたくさんまいて釣るのではなくて少量のオキアミで釣ります。活性が高いときはなにをしても食うって感じですが、そうじゃないときにいかにして食わせるか、しかもよ り大型のイサキを。きちんとやるとけっこうテクニカルでハマる人も多いですよ。もちろんビギナーの人にもオススメです。うちではライトタックルも推奨してますのでぜひ若い人たちに楽しんでもらいたいです」とは、3月に大型船を就航し、晴れて2隻体制となった、操船力抜群で理論派の福浦港「よしひさ丸」の若船長、高橋勝久さんの言葉だ。

さて、2隻体制になったことでもうひとつオススメの釣りものがある。

それは、ベニアコウだ。1千mの超深海で釣る究極の深場釣りだが、「よしひさ丸」の大船長、高橋稔さんは元深場漁師の経験を活かし、12月〜5月の釣りものとして乗合で出船中だ。

こんな近場でこんな幻級の高級魚が釣れるのかと思うとワクワクするが、実際高確率でベニアコウをキャッチ中。

5月はラストチャンスだ。

以上の記事は「つり丸」2020年5月15日号の掲載記事です。