ライトタックルで臨む!外房・大原沖のイサキ&シマアジリレー船!ポイントの水深は大原沖10〜20mと超浅場!誘い方の違いで釣り分けけよう!

イサキとシマアジのリレー船の正体とは!?

数年前から大原沖のイサキ乗合船でシマアジがまじるようになった。

シマアジといえば、だれもが知る高級魚。

しかも、近海ものは脂が小さくてものっており、魚市場でも高値で取引きされている。

春夏はイサキ、秋と冬はヒラメを看板にあげる大原「春栄丸」の白川永一船長は、「大原沖には昔からシマアジはいたようなんだけど、数は少ないと思われていたんだよね。これも温暖化の影響か、ここ数年イサキの仕掛けに6月以降コンスタントにまじるようになってきたんですよ。シマアジって、離島へ行ったりして専門に狙う釣り人もいるでしょ。そんなひとたちも釣りに来てくれてだんだんと釣り方も分かってきた段階ですよ。でも、あくまでうちは“イサキがメイン。シマアジはスペシャルターゲットと思ってもらってます。シマアジの良型が出るのはお盆ごろから9月いっぱいですよ」

永一船長によるとシマアジのポイントは広範囲だが、数ヵ所のみという。

そこではイサキは良型が主体。

数を釣るには中型だが専門に狙える根もあるという。

メニューにイサキとシマアジのリレーとしているのは、イサキ・シマアジとイサキの数釣りポイントとを釣り分けているからだという。

どちらの場所も水深がほとんど10m台と浅いのが特徴だ。

遠浅の地の利が生かされたイサキポイントであり、どこにシマアジが回遊していてもおかしくない地形でもあるという。

アミコマセで狙うカラーバリのシャクリ釣り

shikake_037_1591925568 さて、大原沖のイサキは、アミコマセをまいて狙うシャクリ釣り方だ。

仕掛けは、ハリス1.5〜2号長さ2.5〜3mのチヌ2号、またはムツ9号のカラーバリ3本が主流。

このカラーバリであれば、空バリでも魚が食うという優れもの。

このハリ先に船宿で配られる米粒大のイカタン付けて釣る。

ビシはFLのプラカゴにオモリ60号の組み合わせ。

これをシャクルこととなるので、竿は長さ2m前後のLT用がベストタックルになる。

調子は7対3がよく、8対2調子でもいい。

コマセワークが行いやすいものなら、たいていのものは流用可能だ。

リールはポイントが水深10m台と浅いので小型の手巻き両軸で十分。

道糸はPE2号前後でよい。

イサキは市販のものをシマアジ狙いは1.7号以上

イサキを専門に狙うなら、ハリスは1.5号の細めのものがよいと船長は言う。

市販の3本バリで十分だ。

さて、シマアジも、となると少し様子が違ってくる。

イサキ仕掛けで十分釣れる、いわゆる小シマアジではなく、1㎏前後かそれ以上のサイズの良型が回っ
ている場合、ハリス1.5号ではなかなか仕留めることができない。

専門に狙うなら「ハリスを太くする」のが正解であるが、ここはイサキ釣りの激戦区大原沖、シマアジは賢く細ハリスにしか食わないのだという。

具体的には太くしても3号もしくは4号という。

永一船長によると6月7月は太くても2号までがよく、8月以降大型が回遊するころは3〜4号で臨むとよいという。

ハリス長は2mもあればよい。

気になる付けエサだが、オキアミを付ける人もいれば、イサキのイカタンでも十分食うという。

「シマアジ狙いのエサやハリに付けるものいろいろと試してみて!」のこと。むろんウイリー巻きやスキン巻きでもよい。 TM0701_tokushu2_1_09_1591926377 船で購入できる仕掛けはコレ。カラーバリ仕掛けだ TM0701_tokushu2_1_10_1591928890 付けエサにはイカタンを。米粒大にカットしてもよい

カゴの上窓は3分の1開け、下窓は全閉に調整する

まずはコマセの振り出し量の調整をする。

プラカゴの上窓は3分の1〜2分の1開け、下窓は全閉。

それ以上に上窓を開けるとコマセが多く出すぎてしまう。

コマセを入れる量は8分目くらいまででよい。

パンパンに入れすぎてしまうと、出なくなってしまうので注意したい。

コマセワークの違いで、イサキとシマアジを釣り分ける

TM0701_tokushu2_1_07_1591927306 イントの水深は10m台がほとんど さて、釣り方だが、まずはイサキのコマセワークについて。

船長がアナウンスする指示ダナは、コマセを振り出すレンジだ。

船長は3mの幅のレンジをアナウンス。

たとえば、「15から12メートル」と言えば、水深15mから12mまでコマセをシャクリだして水深12mでアタリを待つというもの。

コマセまきの基本のシャクリ方は、リールのハンドル1回転の巻き上げ量の平均が50㎝としたら、竿先を下げた状態から、軽くスー約1mほどあげ、上げきったところで1〜2秒ピタっと止める。

この止めタイミングでコマセがプラカゴからフワっと出る。

その後はリールを約2回転分巻きながら竿先を下げ、これを繰りかえす。

このシャクリ動作をを船長の指示するレンジで3回行うのが基本だ。

食いが渋いときは、シャクリ動作の後の間の時間を1〜2秒から3〜8秒と長くしたり、コマセの振り幅を50㎝にする。このときリールは1回転ずつ巻けばよい。

シマアジを意図的に狙う場合は、イサキのシャクリにリズムを加えてみよう。

つまり、ハリやバケの動きをシマアジにアピールさせてやるのだ。

とくに1㎏前後の小型のシマアジはカンパチの幼魚のように“動くものに反応を示す”。

この習性を利用するのだ。

シャクリ後の待ちの時間を短くし、タナでピタリと止めてやる、もしくは、3mの間mのコマセシャクリで50㎝よりさらに細かい30㎝のシャクリ幅で誘ってみるなどしよう。

大きく分けると“静”がイサキ、“動”がシマアジと覚えておこう。 TM0701_tokushu2_1_08_1591926482 コマセはアミだ。カゴはFLサイズで

イサキは追い食いを期待する!シマアジは強引さはタブー

shikake_039_1591927243 イサキがヒットしたら、追い食いを期待しよう。

1匹ヒットしたらすぐに上げず、そのまま待つか、竿を少し聞き上げてみよう。

すると引きが強くなる。
その引きが収まってからデッドスローの巻き上げに入る。その距離は3mほど。

こうすることでほとんど多点掛けができるだろう。

逆に食いが渋いときは、そのタナで追い食いさせることを期待する。

つまり、1匹ヒットしても巻き上げず、そのままかもしくは、50㎝〜1mほど送ってもよい。

シマアジがヒットすると最初はもぞもぞしていても一気に魚は突っ走る。

ここでドラグは締めてはいけない。

緩めのドラグで対応する。

ファーストランが収まってからやり取りに入る。

しかし、ポイントは浅根。

当然、根掛かりの危険もあるので、あまりにも慎重すぎるやり取りはバラシの原因になってしまうこともある。

ある程度強気のやり取りを心がけよう。

外房・大原沖イサキ&シマアジ釣行レポート

TM0701_tokushu2_1_01_1591928277 旬の良型イサキが超浅場で数釣り!お土産確実でシマアジも期待! TM0701_tokushu2_1_03_1591928302 実際は五目釣り。さまざまなゲストでお土産はもりだくさん。LTゲームを堪能しよう TM0701_tokushu2_1_05_1591928327 遠浅の地形ゆえ、けっこう沖のポイントでも水深は浅い TM0701_tokushu2_1_04-2_1591928343 イサキは抜き上げオーケー。入れ食い時は手返しよくすることが数釣りのコツだ TM0701_tokushu2_1_02-2_1591928363 こんな浅場でこのサイズのイサキが釣れる。ポテンシャルが高いフィールドだ TM0701_tokushu2_1_06_1591928400 「ハリスを2号に替えてようやく獲れたよ!」とは常連さんの言葉。それだけシマアジのアタリは多かった TM0701_tokushu2_1_18-2_1591928569 小型は一荷もあり

良型シマアジ回遊中!2㎏級も

TM0701_tokushu2_1_16_1591928597 例年8月、9月が良型シマアジのハイシーズン。 TM0701_tokushu2_1_17_1591928643 ハリス3号以上で狙う TM0701_tokushu2_1_20_1591928671 昨年8月、9月に上がった良型シマアジ TM0701_tokushu2_1_19_1591928698 こちらも良型シマアジ TM0701_tokushu2_1_11_1591928929 うれしいゲストのメジナ TM0701_tokushu2_1_12_1591928948 クロメバルも常連だ TM0701_tokushu2_1_14_1591929028 永一船長の長男は、着岸のお手伝い TM0701_tokushu2_1_13_1591929081 今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「春栄丸」
梅雨イサキ”とも言われるイサキ。

6月7月が旬とされるのは、産卵を控え群れ固まり釣りやすくなり、真子や白子を持ちながらも身にたっぷりと脂を蓄えるからだ。

数釣れてしかも味がよいとなれば、ターゲットにしない手はないが、超高級魚のシマアジがコンスタントにまじる、という一粒で二度おいしいイサキ釣りが外房大原沖で楽しめる。

「イサキ釣りは昔からやってるけど、シマアジがまじりはじめたのは、ここ数年だよね。あくまでイサキ釣りのゲストだけどシマアジがヒットすると明らかにシマアジだってわかる魚。そして細ハリスでのやり取りだからスリリング。なかなかキャッチできないからついつい、熱くなっちゃうんだよね。お客さんもぼくも(笑)」とは、大原港「春栄丸」の白川永一船長。
 
ポイントの水深は大原沖10〜20mと超浅場。

船長の指示ダナも当然のことながら、底近く。

だから、ヒットしたシマアジをドラグユルユルで走らせてしまうと根掛かり必至という。
 
シマアジを狙うならハリスは1.7号〜2号で指示ダナを小まめに誘い続けることがカギという。
 
イサキのハイシーズンはまさにいま、だが、シマアジは8月9月という。

上り調子のこの両魚。

大原沖の激熱シーズンを楽しもう!

以上の記事は「つり丸」2020年7月1日号の掲載記事です。