夏の風物詩、相模湾のシイラゲームが早くも佳境に突入!今期の最新タックル&マストルアーで南国の使者、黒潮の申し子たちと遊ぼう!

キハダに押され気味だが、やはりシイラゲームは面白い

今年も相模湾のシイラは元気いっぱいだ。

一時はキハダ人気に押され気味な状況もあったが、やはりシイラゲームは面白い。

キャストからスタートして、ルアーの操作からヒット、派手なジャンプを伴うファイト、緊張のランディングに至るまで、キャスティングゲームの醍醐味が凝縮されている。

しかも、活性の上下こそあるものの、いつでも湾内にいてくれる。

短い夏がシーズンということもあって風物詩的な魅力もある希少なターゲットなのだ。

「今年もスタートは上々だと思いますよ。サイズは70〜80㎝クラスが多く、特大もペンペンも少ない感じです。あちこちにいる、というよりは、いるところに固まっているっていう感じですね」とは、平塚「庄治郎丸」でシイラ船を担当する瀬古勇次郎船長。

シーズン初期だけに、まだ泳層が低い状況も多いが、天候さえ安定していれば(雨天や強風に見舞われなければ)、トップウォータープラグにも果敢にアタックしてくる。

スレ知らずの魚が多いのも、シーズン初期ならではの魅力だ。
 
7月初旬はまだまだ梅雨真っただ中。

悪天候の日も多いが、穏やかな日を選んで釣行できれば十分に楽しめるだろう。

天気予報をよくチェックしてお出かけされることをおすすめする。 9191_1593318429 パヤオなどに浮き魚礁はシイラのメインポイント

石井修二さんに教わる シイラタックルとは

相模湾のシイラ名人、といえば真っ先に名前があがるマスターアングラー、石井修二さん。

シーズン中の週末はインストラクター兼ランディングマスター?として「庄治郎丸」に乗船することも多いため、ご存知の方も多いのではないだろうか?

今年から始めるにはどんなタックルを用意すればよいのか?という問いを石井さんに投げてみた。

以下、紹介するので参考にしていただきたい。
 
ロッドは長さ7ft前後、強さの目安はミディアムライトアクション。

ロッドに記載されているキャストウエイトの最大表示が60g程度のものが使いやすい。

この一本があれば相模湾で使用する一般的なシイラ用ルアーのほぼすべてをカバーできるし、小型から大型シイラまで楽しめる。
 
リールはシマノ製なら5000番〜6000番、ダイワ製なら3500〜4500番がサイズの目安となる。

巻き取りスピードは速いに越したことはない。

ハイスピードタイプのセレクトがおすすめだ。
 
メインラインはPE2号、リーダーは40 Lbを選択する。

メインラインは最低でも200mは巻き込んでおく。リーダーはショック吸収性が高いナイロン製を選択するとバラシを軽減できる。

リーダーは少し長めに結節しておき、リールをロッドにセットした状態で、キャストするときの態勢で人差し指がノット部分に掛かるように調整、カットする。
 
ルアーとリーダーの結節は直結でもよいが、ルアー交換のたびに短くなってしまうし、スピーディさに欠ける。

強度に優れた、オフショア用スナップを選ぶとよい。 
 
ルアーの選択肢は数多いが、石井さんのおすすめはシンキングペンシルだ。

28〜50g程度のシンキングペンシルだけでも十分に楽しめることが多い、というからマスト中のマストルアー。

複数個用意しておくとよい。
 
さらに、28〜45g程度のヘビーウエイトミノー、30g前後のジャークベイト、30〜60g程度のポッパー、フローティングペンシルなどがあれば万全だ。
 
以上の基本タックルのほか、安全面を考慮し、滑りにくくつま先の露出がないボートシューズ、キャップなどを用意したい。

偏光グラスも必須。
シイラの姿を確認しやすいだけでなく、目の保護にも役立つマストアイテムだ。 9211_1593317769 石井さんオススメはシンキング&フローティングペンシル。メインルアーはギグギガントフックだ

今期の最新タックルチェック

以上は、いわば最低限のタックル、装備となる。

しかし、一回でもシイラゲームを経験すれば、もう少しタックルを充実させたくなるはずだ。

シイラを探しながらキャストを繰り返していくのが基本のシイラゲーム。

チャンスタイムが急に訪れることもあり、異なるルアーをセットして備えたくもなる。

トラブルに備えた予備タックルの必要性も高い。

今回は石井さんが持参してくれた、最新タックルをチェックしたので参考にしていただきたい。
 
船上に持ち込んだのは3セット。

ライトなタックルから順番に、シーラプチャーSTGS-66ML+ソルティガ3500H。

シーラプチャーSTGS-76ML+ソルティガ3500H。

そして最もヘビーなタックルがシーラプチャーSTGS-76M+ソルティガBJ4000SH。

メインラインはバリバス アバニ キャスティングPEマックスパワーX8 1.5号+オーシャンレコードショックリーダー35 Lb。

銘柄はすべて同じでBJ4000SHのみ2号、40 Lbの組み合わせとなる。

ロッドはパームス製、リールはダイワ製、ラインはバリバス製となる。
 
ロッドは最新モデル。シイラゲームで永年支持されてきたシーラプチャーシリーズのアップデートモデルだけに、石井さんも太鼓判のおすすめだ。
 
ルアーは石井さん自身もほとんど一択という高使用率のギグギガントフックがおすすめ。

今期、定番のGGG-100SSに加え、ワイヤースルー仕様のGGG-120Sが仲間入り。

52gで飛距離は抜群、ビッグフィッシュにも余裕のタフ仕様なので、不意のキメジ、キハダにも安心できる。
 
以上、ステップアップの参考にしていただければ幸いだ。 8768_1593317665 ライトなタックルから順番に、シーラプチャーSTGS-66ML+ソルティガ3500H。シーラプチャーSTGS-76ML+ソルティガ3500H。シーラプチャーSTGS-76M+ソルティガBJ4000SH

相模湾 シイラゲーム釣行レポート

8557_1593318376 出船前、港内でセッティングする石井さん。あらかじめ準備は万全にしておこう 0042_1593318561 シイラゲームのマストルアー、ギグギガントフックに、120mm、52gサイズが新登場。大型ターゲットにも安心のタフスペックだ 8561_1593318302 ミヨシ付近に集結、全員でシイラを探していくのが基本スタイルだ 9183_1593318332 自分で見つける!そんな気持ちで探そう! 8618_1593318464 着水後、軽くトウィッチしながら誘ってくるのが基本テクニック 80005_1593318527 ミスターシイラ、パームススタッフの石井修二さん。今年も同社の新作ロッド&ルアーで釣りまくり!?

南国の使者、黒潮の申し子たちと遊ぼう!

8686_1593318604 アドレナリン大放出!シイラの走りは速く、力強い! 8652_1593318488 無理に抜き上げず、船長のさし出すネットに導くのが安全策 8704_1593318623 「ジャークベイトを5秒沈めてヒットさせました!」。この日のシイラは少し深かった 8679_1593318762 夏の青い空にはシイラのカラフルな魚体が映える! c02a580843813b46e7454d61b281695c 船中第一号!94㎝のナイスサイズは、結局この日の最大魚となった 8733_1593318736 ︎元気いっぱいで上がってくる中型クラスは船上でもよく暴れるので注意したい 8758_1593318790 今年は偏光グラス&フェイスガードの変装スタイル!?が定番になりそうだ 8635_1593318814 キープしない魚は元気なうちにリリースを心掛ける 8552_1593318871 今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚「庄治郎丸」 相模湾に夏の到来を知らせる魚、それがシイラだ。

「5月中から出船していますが、調子は上々って感じですよ。平均サイズは70〜80㎝。特大はないかわりにペンペンも少ない。十分に楽しんでもらえると思いますよ」とはシイラ船を担当する瀬古勇次郎船長。

取材日は次第に風が強くなってくる予報で早めの勝負が吉、と予想されるなかでの出船となった。

どこにでもいる、というわけではなく、いるところにまとまっている、という印象、とは船長。

最初の1本までたどり着くには30分とかからなかったが、以降は読みとは少し異なり、ポツリポツリの拾い釣りの展開となった。

予報通りに風が強まり、シイラを探しながらの釣りは断念。

ブイ周りに照準を絞って転戦したが、それも厳しくなり早揚がりとなってしまった。

サイズは中型中心の型揃い、といった印象。

ややレンジは深めで、キャッチに至ったパターンの多くが、シンペンやジャークベイトを少し沈めてのもの。

ルアーに反応した1匹が飛び出してくるものの後が続かず、というヒットシーンが多かったようだ。

梅雨の間は晴れ間を狙っての釣行がおすすめ。梅雨が明ければいよいよ夏本番。

連日の熱い展開が期待できるだろう。

以上の記事は「つり丸」2020年7月15日号の掲載記事です。