ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!

外房の青物ゲーム!サンパク・ワラサで楽しめる!初秋の外房ジギングゲームのススメ

多彩なゲストが望めるのがこの時期の特徴

初秋の外房エリアは、ヒラマサのトップシーズン!とは言えない。

これは周知の事実だろう。

メインターゲットは当地でサンパクと呼ばれる2㎏クラスのブリやワラサ。

これらにヒラマサがまじってくるが、さらに加えて多彩なゲストが望めるのがこの時期の特徴であり、魅力のひとつでもあるだろう。
 
ゲストは底物ではマハタやヒラメ、回遊系ではサワラ、ハガツオ、カンパチなどが期待できる。

いずれも日並み次第、状況次第ではあるものの、いずれも嬉しいゲストばかりなので、思わず期待してしまう方も多いようだ。
 
大原港「松鶴丸」での同船取材時、船上にスローピッチ用、スーパーライトジギング用のベイトタックルが目立ったので、ゲスト狙いに気合いを入れている方が多いのでは?と思い、船長に戦績を訊ねたところ、目立つほどの差は出ていない、とのこと。

マハタやヒラメなどはもちろん、ハガツオなども通常の青物狙いのジギングのなかでヒットしてくるケースがほとんど、という。
 
あれこれ試すのも面白さだが、まずはメインパターンである青物狙いのジギングタックル、タクティクスをしっかり押さえ、これにプラスしてキャスティング、スローピッチジャークなどを楽しむのが、釣果への近道と言えそうだ。

青物ジギングの基本タックルをまずおさえる

TM1001_luer2_05_1599714828 「松鶴丸」で人気のジグたち。セミロングタイプが主流。メタルジグは150g前後がメインウエイト。シーズン的に深場を狙うことが少ないので、150g以下のウエイト、110g、120g程度が使いやすい。 まずは青物ジギングをしっかり押さえるべし、ということで、基本タックルを整理しておこう。

ロッドは6ftクラス、150g前後のジグを扱いやすい近海ジギング用が理想的だ。

ジギング用のなかでは最も選択肢が多いといってもよいパワークラスなので、中級機種でも高性能なものが多い。予算や好みで選ぶとよいだろう。
 
リールは8000番が標準サイズ。メインラインはPE3号。

リーダーはフロロカーボンの40〜50 Lbを1.5〜3m程度取っておく。
 
メタルジグは150g前後がメインウエイトとなる。

シーズン的に深場を狙うことが少ないので、150g以下のウエイト、110g、120g程度が使いやすいことも多いが、潮が速いときもある。

200g程度のウエイトのものもいくつか用意しておくとよい。

アクションの幅が広く、疲労度も少ないセミロングタイプが基本だ。
 
以上はシーズンを通しての外房でのジギング基本タックルと言える。

秋口はややライトなタックルもあると遊べる機会が増えるかも知れない。

また、前述のようにスローピッチジャーク用やSLJ用タックルを用意してもいいだろう。

周囲のアングラーに迷惑にならない範囲でさまざまな釣り方に挑戦するのも悪くはない。
 
周年活躍するキャスティングタックルも用意できると万全だ。
 
160㎜程度のダイビングペンシルの使用を基本に、8ft前後のヒラマサキャスティング用ロッド8000〜14000番のスピニングリール、ラインはPE4〜6号、リーダーは70〜90 Lb、という組み合わせが標準。

ヘビー&ライトというように、2セット用意できると完璧だ。
 
ジギング&キャスティングとも、いつでも10㎏オーバーのヒラマサがヒットしてくる可能性はある。

あまりライトなタックルではキャッチできない可能性が高くなってしまうので悩んだらパワーのあるタックルを選択するのがおすすめだ。

風上側ではジギング、風下側ではキャスティング

TM1001_luer2_03_1599714969 ミヨシ部はキャスティングの特等席!一発大物を狙うアングラーが集う! キャスティングにこだわる方、もしくはナブラ爆発でキャスティング有利!という状況以外ではジギングを基本と考えたい時期だ。

外房では風と潮に任せて船を流し、風上側ではジギング、風下側ではキャスティングを行い、これを流しかえるたびに入れ替えるというのが基本的な流し方となる。

しかし、常時ジギングすることも可能だ。とくに40〜50mくらいまでを攻めることが多い初秋の釣りでは、風下側でもジギングのやりづらさは軽減される。

まずはワラサを一本!という方には迷わずジギングをおすすめする。
 
ジグが着底したら水深の半分程度を目安にシャクり上げ、また落とし直す、という動作を繰り返すのが基本。

水深40〜50m程度までを釣るのであれば、3回くらいの着底を目安に、どんどんジグを回収して入れ直していくといいだろう。

20m以浅のシャローエリアでは毎回ピックアップするくらいでちょうどよい。

ジグを入れ直すと新たな群れに遭遇できる確率がアップし、結果、ヒット率アップが期待できる。

面倒がらず、積極的に入れ直すことをおすすめしたい。
 
シャクり方は基本的なワンピッチワンジャーク、つまりロッドを1回シャクっては1回ハンドルを回転させるアクションパターンだ。

使用しているジグのスライド幅を考慮し、ロッドの振り幅、振る力の強弱、ピッチの速さ、リールを巻くスピードを調節してヒットする動きを探っていくように心掛ける。
 
とりわけサンパク、ワラサ狙いではボトム周辺でのヒットが高い傾向がある。

ネチネチ攻める意識を持つとよいことも多い。

ぜひ覚えておくとよいだろう。

初秋の外房ジギングゲーム!釣行レポート

ヒラマサ・ワラサ・底物etc 魚種の多彩さが魅力!秋はキャスティング&ジギングで攻略する!

TM1001_luer2_04_1599715445 秋の外房タックルはジギングのほか、キャスティングタックルを用意するとよい TM1001_luer2_09_1599715763 取材日はベタ凪ぎ。夏ならではの海だった TM1001_luer2_01_1599715509 朝一番のヒット!良型のようだったが、惜しくもラインブレイク TM1001_luer2_06_1599715701 さまざまな青物や底物にまじってヒラマサという展開が多い TM1001_luer2_02_1599715802 危なげないファイトで見事ランディング! TM1001_luer2_08-1_1600287279 ワラサは本命ターゲット! TM1001_luer2_10_1599715874 ナイスサイズのワラサ。渋い日だったので、貴重な1本に思わず笑顔がこぼれてしまう TM1001_luer2_12_1599715910 サンパクといえどもファイトはかなり楽しめる。きちんとネットですくおう TM1001_luer2_11_1599715931 ジギング2回目の挑戦で青物を初キャッチしたアングラー。「すごく引きますね」と感動!

多彩なゲストたちも魅力だぞ!

TM1001_luer2_13_1599716030 ボトム付近を丹念に攻めてヒット! TM1001_luer2_18-2_1599716050 ヒラメはうれしいゲスト。ジグを活発に追うこともある TM1001_luer2_19-2_1599716073 近年多いのがこのマハタ。食べておいしい TM1001_luer2_14_1599716126 今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松鶴丸」
「いつもと同じと言ってはなんですが、そういう感じです(笑)時期的にワラサ、サンパクが中心ですが、そのなかにヒラマサやその他の魚がまじってくる、という感じですね」

8月下旬、大原港「松鶴丸」、中村真也船長の言葉だ。

9月中旬も同様の状況が続いていることが予想される。

つまり、海の中はまだ夏を引きずっているだろう。

水深40〜50mのボトム付近でサンパク、ワラサをジギングで狙う。

ヒラマサはもちろん、カンパチやマハタ、ヒラメ、表層ではハガツオやサワラがヒットしてくることもある。

魚種の多彩さは晩夏から初秋にかけての魅力のひとつでもある。

キャスティングでもヒットは望めるが、ジギングに分がある時期でもある。

取材日は苦戦した。

シーズン的に高水温と澄潮は定番だが、なぜか魚たちはご機嫌斜め。

期待のモーニングサービスはバラシのみ。

その後、ポツリポツリとワラサやイナダがヒットしたが大きく盛り上がることなく終了。

お土産狙いのイナダもこの日はいまひとつだった。

しかし、取材日の翌日はサンパク、ワラサはもちろん、ヒラマサや底物も順調にヒット、というから海は分からない。

乗船してとにかく一生懸命シャクる。

するといい時に当たったり、悪いときに当たったり。

つまるところ、これが釣りの醍醐味。

まずはお出かけ!をおすすめする。

以上の記事は「つり丸」2020年10月1日号の掲載記事です。