茅ヶ崎港「ちがさき丸」ではLT五目が好調!色々釣れて、手軽に楽しめる!秋はイナダなど青物、アジ、イサキ、ソウダガツオ、キジハタなど釣れる魚はみな美味しい!

季節ごとに多彩な魚が釣れるから、そのときの釣り方は船長に聞いちゃうのが一番!!

秋はイナダがメインターゲット

TM1001_tokushu4_05_1599781851 ポイントは港から出てすぐの茅ヶ崎のシンボル烏帽子岩周辺など その季節に釣れる、いわゆる旬のターゲットを、楽しく手軽に釣ってしまおうという釣りがこの「LT五目」だ。

LTというだけにタックルやオモリが軽く、初心者はもちろん子供や女性も手軽に楽しめる。そして、五目というだけあって釣れる魚も多彩だ。

8月下旬に茅ヶ崎港の「ちがさき丸」で行った取材では、基本となるウイリーシャクリ(ウイリーというバケ仕掛けを竿でシャクりながら誘って釣る方法)による釣りではアジとイサキを主体に、イナダ、ソウダガツオ(ヒラソウダ)、写真は掲載していないがウマヅラハギなどがヒット。

釣ったアジをエサにして、それを捕食する魚を釣ってしまおうというハモノ狙いではキジハタが、ジギングではイナワラ(イナダとワラサの中間サイズ)やカサゴもヒットした。

「ちがさき丸」10号船でLT五目を担当する米山翔太船長によると「今後はイナダ・ワラサや、ショゴと呼ばれる小型のカンパチがメインターゲットとなります」とのこと。

さらに、秋はサバも美味しくなるのでぜひ狙ってみたいものだ。

ちなみに、このLT五目は季節によってはマダイ、クロダイ、イシダイ、ヘダイ、メジナなども釣れ、ハモノ狙いではハタ(マハタ、アカハタ、オオモンハタなど)、スズキ、ヒラメ、マトウダイなども顔を出す。

まさに五目釣りと呼ぶにふさわしい顔ぶれであり、どれも食べて非常に美味しい魚たちばかりだ。

ビシは小さい物、仕掛けはサビキも

shikake_042_1599781798 まずはLT五目で使用するタックルをご紹介しよう。

オススメであり釣っていて快適なのは、竿は30〜40号のオモリに対応する2m前後のLT用、またはゲームロッドなど。

リールは小型の両軸タイプで、基本的にはポイントの水深が浅いため手巻きでまったく問題はない。

もちろん電動でもOKだ。

「ちがさき丸」はレンタルタックルを完備しているので、それを利用するのも手である。

ただ、このような道具でなければ釣りが楽しめないということはなく、取材ではスピニングタックルで楽しむ小学生もいた。

しかも、この小学生がよく釣っていたのも事実である。

要はそれほど道具にはこだわらなくてもよいのであるが、ただこの釣りは一日道具を手に持って釣るため、オススメで紹介したタックルはより快適に楽しめるというだけである。

あまり難しく考えずに挑戦していただきたい。

ただし、これから紹介する道糸やビシ(オモリ)の号数(重さ)は船で指定するものをご用意いただきたい。

他の釣り人と道糸の太さやオモリの号数があまりにも違い過ぎてしまうとオマツリ(他の人と仕掛けなどが絡まること)の原因となってしまうからだ。

道糸はPE1〜3号だが、できれば2〜3号を使いたい。

ビシ(オモリ)は30号または40号である。

仕掛けは、取材時はアジやイサキがメインターゲットとなっていたため、ハリス2号のウイリー仕掛けを使用した。

前述のように今後はイナダがメインターゲットとなってくると思われるので、そうなったらハリス3号の仕掛けとなる。

ウイリー仕掛けはハリ数が2〜3本のもの。

イナダメインとなれば、とくに初心者は2本バリ仕様がオススメだ。

先端のハリにはウイリーは巻かれていないので、そこにはオキアミを付ける。

その他、ぜひ用意していただきたいのがサビキ仕掛け(船上で販売もしている)。

「ウイリー仕掛けはしっかりとシャクれないと釣れないことがあります。コマセワークが案外難しいんです。それが、サビキは誰でも手軽に楽しめます。ウイリーでなかなか釣果が上がらない人は、サビキ仕掛けを使うのも手です」と米山船長は言う。

釣り方もカンタンで、防波堤で行うサビキ釣りと同じ要領で、竿を上限にフワフワと動かしてやるだけでよい。

さらに、サビキはオモリが下に付くので海底が分かりやすいというメリットもある。

というのも、茅ヶ崎沖のとくに烏帽子岩周りは、“岩”というだけに海底は起伏の激しい岩礁帯となっていて、一般的なウイリーシャクリの釣りで行われる海底からのタナ取りでは根掛かりしやすいのだ。

それゆえ、「ちがさき丸」ではタナは基本的には海面から取る。

この海面からのタナ取りが初心者にとっては案外難しいのだ。

海面からのタナ取りがうまくできない人も、サビキ仕掛けを使ってみるとよいだろう。ちなみに、サビキ仕掛けのセッティングは、「道糸→カゴ→サビキ→オモリ」の順番となる(仕掛け図参照)。

そして何よりも、このサビキ釣りが理屈抜きにして超絶楽しい。

人によっては、ウイリーよりもサビキのほうが楽しいと思うかもしれない。

機会があればぜひチャレンジしていただきたい。

釣り方は毎回 船長に聞くが一番!

shikake_043_1599782218 shikake_044_1599782573 次は釣り方だ。

「この釣りは五目というだけあって、いろんな魚が釣れます。しかも、魚によって釣り方(誘い方)が違います。したがって、いまどんな魚が釣れていて、どうやって釣ったらよいのか、分からなければ私に聞いてください。といいますか、ぜひ聞いてください!船に乗ったら毎回聞いてほしいぐらいです」と米山船長。

とはいえ、魚種ごとに釣り方を紹介していてはとてもスペースが足りないので、ここではウイリーシャクリの基本動作を紹介したい。

タナ(攻める範囲)は船長がアナウンスしてくれる。

取材時はたとえば水深が16〜18m(起伏が激しい)であれば、タナは15〜10mだった。

前述のように「ちがさき丸」ではタナは海面から取るので、PEラインのマーキングを見ながら下のタナの15mまでビシを沈める。それ以上沈めると根掛かりだ。

シャクリ方は、「小さく振るか、優しく大きく行います」とのこと。

慣れた人は仕掛けの枝間の長さ分で誘っていくのが理想だが、最初は難しく考えずにやってみよう。

シャクったら、必ず止めて待つ。

この釣りは、この「待つ」ことが重要だ。

そして竿先が落ち着いたところで、竿先を下げながらリールを1〜2回転(イナダ狙いの場合は1m巻く)。

そしてまたシャクる。これを指示ダナ内で繰り返す。

釣り方で重要なのは、コマセはとにかく「まき過ぎないこと」と米山船長は言う。

「一人がまく量は少しかもしれませんが、船全体でいえばかなりの量のコマセになります。それを一人ひとりが大量にまけば、それはもうかなりの量です。コマセを大量にまいてしまうと、魚たちはすぐにお腹いっぱいになってしまいます。つまり、“釣れなくなる”ということです」

この釣りは、実は船全体でのチームワーク戦。

とくにこれからのメインターゲットであるイナダはこのことがとても重要となるそうだ。

コマセのまき過ぎにはくれぐれも注意したい。そのためには、ビシの窓の調整が重要だ(ビシの窓の調整は前項上部のイラスト参照)。

暑さ寒さも彼岸まで、と言われる。

秋は沖釣りに最高の時期。美味しい魚もいっぱいだ。

「ちがさき丸」のLT五目でいろんな魚を釣り、秋の味覚を存分に楽しんでいただきたい。

ハモノ狙いとその他の釣りについて

ちがさき丸」のLT五目船では、釣り座に関係なくハモノ狙いが楽しめる。

ただそれを行う際は、「他の釣り人と仕掛けが絡まないこと」という条件があるので必ず守ろう。

そのためには、オモリの重さをしっかりと調整することが重要だ。

仕掛けは、ヒラメ釣りで使用する固定式の胴付きタイプ(遊動式はNG)や、食わせサビキ(落とし込み仕掛け)などが使われている。

また、同様の条件を満たせば、ジギングやタイラバも楽しめる。

ジギングは、イナダやワラサ、そしてカンパチが回遊しているときは試しても面白いだろう。

タイラバはマダイ狙いはもちろんだが、根魚狙いでも威力を発揮する。

【相模湾 茅ヶ崎沖】色々釣れるLT五目!釣行レポート

TM1001_tokushu4_02_1599786021 オススメの道具はもちろんあるが、とりあえずは持っている物で楽しんでみるのも手。もちろん「ちがさき丸」にはレンタルタックルも完備している TM1001_tokushu4_01_1599786050 秋はこのソーダガツオやイナダ、サバなど、青物がメインターゲットとなる。ギュンギュンよく引くぞ! TM1001_tokushu4_09_1599786325 道具が軽いので、子供も楽しみやすい TM1001_tokushu4_06_1599786089 8月下旬の取材時のメインターゲットはイサキとアジ。どちらも20㎝前後主体だったが、これがまた美味! TM1001_tokushu4_03_1599786195 秋のメインターゲットはイナダ。ワラササイズの回遊も! TM1001_tokushu4_04_1599786164 秋の本命・イナダはちょっと太めのハリスで TM1001_tokushu4_08_1599786246 カップルや夫婦、友達同士など、みんなでワイワイ楽しめるのがこのLT五目の大きな魅力のひとつ TM1001_tokushu4_10_1599786362 ソウダダブルにアジのトリプル! TM1001_tokushu4_14_1599786688 「このサイズのイサキが美味しいですよ!」と米山船長。刺し身に塩焼き、煮付けとなんでも最高だ TM1001_tokushu4_16_1599786735 アジ狙いは底のほうを中心に。釣り方で魚を釣り分けられるのだ。 TM1001_tokushu4_15_1599786798 ここがこの釣りの奥深さ TM1001_tokushu4_12-2_1599786628 ジギングではイナワラサイズがヒット! TM1001_tokushu4_13_1599786653 カサゴもジギングで。タイラバを持参する人もいるという TM1001_tokushu4_07_1599786854 釣ったアジを泳がせたハモノ狙いでなんと良型46㎝のキジハタ!これは最高のお土産だ TM1001_tokushu4_18_1599781077 今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・茅ヶ崎港「ちがさき丸」 「いま何が釣れていて、どのように釣ったらいいのか。ぜひ船長に聞いてください。五目だけにいろんな魚が釣れて、それぞれに釣り方があります。季節によっても釣れる魚が変わります。だから乗船したら毎回釣り方を聞いてほしいぐらいです」と話すのは、茅ヶ崎港「ちがさき丸」でLT五目船を担当する米山翔太船長だ。
 
8月下旬の取材では、イサキとアジをメインに、秋の本命・イナダ、ソウダガツオ、ハモノ狙いでは超高級キジハタと、多彩な魚が顔を出した。
 
実はこの釣り、子供も女性も初心者も、誰もが手軽に楽しめるのだが、とっても奥が深い。

逆のいい方をすれば、釣り方によって魚を釣り分けられるのだ。

これは、釣りとしてもの凄く面白く、魚の生態をよ り詳しく知ればもっと楽しくなる。

しかも、このLT五目で釣れる魚はみな美味しい!
 
秋は絶好機。ぜひチャレンジを!

以上の記事は「つり丸」2020年10月1日号の掲載記事です。