綾瀬はるか“リーダー”に推され「いいんですか?」 堤真一「こんなすっとこどっこいは嫌だ!」

綾瀬はるか“リーダー”に推され「いいんですか?」 堤真一「こんなすっとこどっこいは嫌だ!」

 映画『本能寺ホテル』の公開初日舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の綾瀬はるか、堤真一、濱田岳、平山浩行、田口浩正、高嶋政宏、近藤正臣、風間杜夫、鈴木雅之監督が登壇した。

 本作は、現代から戦国時代にタイムスリップしてしまった繭子(綾瀬)が、本能寺の変の前日の織田信長(堤)と出会い、交流を深める歴史エンターテインメント。

 この日は、全員が和装で登場。あでやかな振り袖姿の綾瀬は“紅一点”となった心境を問われると「ちょっと恥ずかしい気持ちもありますが、お正月気分を引きずった感じで」と独特の言い回しで返し、笑いを誘った。

 また「もしこのメンバーが戦国時代の武将だったら、誰が天下統一を成し遂げると思うか?」という質問も。全員が一斉に指差し回答をしたが、鈴木監督を選んだ堤以外、ほぼ全員が綾瀬を選択するという結果に。

 当の綾瀬は「ええ、いいんですか?」とキョトンとした様子だったが、周囲は「そういうところがリーダーっぽい」と指摘。鈴木監督も「間違いない。カリスマ性を持っています」と太鼓判を押したが、堤だけは不満のようで「俺は嫌だな。こんなすっとこどっこい(がリーダー)だったらたまらないですよ」と拒否した。

  昨年、猛暑の京都で撮影が行われた本作。綾瀬はあぶ、ぶよに悩まされたそうで、「足が8カ所ぐらいボコボコになって、かゆくて眠れない日々を過ごしました」とエピソードを披露。

 しかし刺されたのは綾瀬だけだったそうで、堤が「本人は『ただ、蚊に刺されただけ』と言って血だらけになるまでボリボリかいていたけど」とあきれながら振り返ると、綾瀬も「やっと今、(刺されたあとが)薄くなってきました。すっごいかゆかった。人生で一番かゆかったです」と笑わせた。

 そんな綾瀬にメロメロだったと暴露されたのが近藤。近藤は「この人、おかしいんです」と切り出すと、撮影の終わりに綾瀬から「ホテルに帰って召し上がってください。カチカチなので(レンジで)チンすると食べられます」とみたらし団子をもらったことを明かした。

 ありがたいと喜んだ近藤だったが「一つ食べたらカッチカチ。よくあんなものを。しかも知らずに渡したんじゃない。食い物じゃないと分っていながら、よく“いいものあげるわ”みたいに(渡せたな)」と語った。

 綾瀬は「私が食べた時も硬くてびっくりしたんです。でも、有名なお店だったので、多分“こういうものなのかな”と思って」と釈明。近藤は「そういうところが面白いしすてきな人。好きです!」と返した。

ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

エンタメOVOの他の記事もみる

エンタメの主要なニュース

エンタメのニュース一覧へ

17時10分更新

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索