”トラブルで恨みか” 放火容疑で無職の男を逮捕 去年12月 大牟田市で漁船13隻焼く 福岡県

”トラブルで恨みか” 放火容疑で無職の男を逮捕 去年12月 大牟田市で漁船13隻焼く 福岡県

去年12月、大牟田市で漁船など13隻が燃えた火事で、警察は14日、船に火を付けた疑いで無職の男を逮捕しました。

非現住建造物等放火などの疑いで逮捕された大牟田市岬の無職、木下和也容疑者は去年12月、大牟田市健老町で、70代の男性が所有する漁船に火をつけるなどした疑いがもたれています。

この火事では近くに係留されていたノリ養殖用の船などに延焼し、あわせて13隻が全焼しています。

警察によりますと木下容疑者は今年3月、別の事件で逮捕された際、「あの放火事件は私がやりました」と犯行を自供していましたが、その後の取り調べでは「絶対やっていません」と否認しているということです。

警察は船の所有者との間にトラブルがあり、木下容疑者が恨みをいだいていたとみて、容疑の裏付けを進めています。

関連記事

テレビ西日本の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

福岡 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索