退職後初 元貴乃花親方が田川市入り 部屋後援会が解散 「『すまん』という気持ちを私たちに」 福岡県

退職後初 元貴乃花親方が田川市入り 部屋後援会が解散 「『すまん』という気持ちを私たちに」 福岡県

日本相撲協会を退職し自ら率いた部屋も無くなった元貴乃花親方。

11日に開かれた後援会の最後の総会に合わせ、退職後初めて福岡県田川市を訪れました。

【元貴乃花親方】
「本当に里みたいなものですから。これから自由になるので、元弟子たちの活躍を見ながらちょくちょく帰ってきます」

協会を退職後初めて、田川市を訪れた元貴乃花親方。

相撲茶屋「貴ノ花」は2011年から九州場所の宿舎や稽古場を構えてきた場所です。

元親方も「第二の故郷」と呼んでいましたが、貴乃花部屋がなくなり地元の後援会は11日の総会で解散を決めました。

【後援会の人】
「きょうは本当に元親方が来てくれてよかった。『すまん』という気持ちを私たちに表したかったんでしょう。それが元親方のいいところ」

突然の部屋の消滅と地元後援会の解散。

交流を深めてきた地元からは落胆の声も−。

【田川市立弓削田小学校 出口博雄校長】
「(今回の)報道があったときに、今年は開催が無理なのかなと残念な気はしていた」

この小学校では毎年秋に部屋の力士が参加して相撲教室が開かれ、子供たちも楽しみにしていました。

【田川市立弓削田小学校 出口博雄校長】
「田川市という福岡県の内部の地域で、なかなか”本物”に出会う機会がないので、ぜひこれからも続けていければ」

市の魅力を発信する「たがわ魅力向上大使」も務める元親方。

田川市の二場市長は−。

【田川市 二場公人市長】
「元貴乃花部屋の力士も協力はいろいろして頂けると聞いているので、それは今まで通り変わらないと思っている」

【元貴乃花親方】
「田川で、また子どもたちの相撲が、若手の経営者の仲間たちで立ち上げてきたものあるので、年一度のお祭りなどで口火をきっていきたいと思います」

2017年の九州場所に端を発した一連の騒動から1年。

これからも元親方と第二の故郷の交流は続きそうです。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

テレビ西日本の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

福岡 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索