福岡市で高齢女性に「小銭が落ちている」と声をかけ、気を引いている隙に現金およそ260万円を盗んだ疑いで、ルーマニア人の男女が逮捕されました。

【記者】
「逮捕された2人はおよそ1600円分の小銭をばらまいて、現金を下ろしたばかりの女性の気を引いたとみられています」

窃盗の疑いで逮捕されたのは、いずれもルーマニア国籍で住居、職業不詳のラドゥ・コンスタンティン容疑者(36)とダダチ・パメラ容疑者(29)です。

警察によりますと2人は2月5日、福岡市博多区の銀行の駐車場で78歳の女性に「小銭が落ちている」と声をかけ、女性が気を取られている隙に手提げバッグから現金およそ260万円が入った封筒を盗んだ疑いが持たれています。

周辺の防犯カメラなどから2人の関与が浮上し逮捕に至りました。

2人は短期滞在ビザで来日していて、調べに対しコンスタンティン容疑者は言葉が通じず、パメラ容疑者は容疑を否認しているということです。