11日、福岡県小郡市で線路を歩く姿などが目撃されたイノシシ。

警戒が続けられる中、12日にまた目撃情報です。

電車の前に立ちはだかる1頭のイノシシ。

その様子は車内からも捉えられました。

「あ、本当だ。すごい!」

線路の上をわが物顔で歩く様子に驚きを隠せない目撃者。

【イノシシを目撃した人】
「やっぱりイノシシだから普通の犬とかとは違うので、突進してきたら結構こわいなとは思った」

11日午後4時50分ごろ、小郡市の西鉄大牟田線、三国が丘駅と三沢駅の間で運転士が線路内にいるイノシシを見つけました。

【警察】
「イノシシ、突如としてフェンスを飛び越えることがあるそうです。住宅の中に避難をお願いします」

小郡市内でイノシシの目撃情報が相次いだため、警察は住民へ警戒を呼びかけました。

【警察】
「きたーきたきた!」

体長およそ1.5メートルのイノシシとにらみ合いを続ける警察官。

時折、移動するのに合わせ追いかけますが・・・

行動が読めないイノシシに警戒が続けられました。

【記者】
「一夜明けたけさイノシシはこちらの川で発見され、捕獲されたということです」

12日午前7時半すぎ、小郡市津古の「宝珠川」でイノシシを通行人が発見し警察に通報。

およそ1時間後、地元の猟友会が捕獲しました。

けが人はいませんでした。

11日についた傷があるため、同じ個体とみられるということです。

【記者】
「今までは、街中にイノシシがおりてくるということはあったんでしょうか?」

【小郡市役所 農業振興課 中野聡課長】
「山の付近ではイノシシが出たという報告はあってるんですけど、市街地にでてきたのは初めての対応です」

ここ数年、街中で相次いで目撃されているイノシシに今後も注意が必要です。