九州電力は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、4月1日に予定していた入社式を中止することを決めました。

九州電力の入社式は、4月1日に2020年度の新入社員294人などが出席し福岡市内の研修施設で行われる予定でしたが、社員や関係者の感染を防ぐために式の中止を決めました。

その代わりに池辺和弘社長の訓示を動画で収録し視聴するほか、新入社員研修も例年より期間を短縮して行う予定です。