2月、北九州市戸畑区で、ごみ袋に火をつけた疑いで73歳の女が逮捕されました。

戸畑区では不審火が相次いでいて、警察は女の関与も視野に調べています。

器物損壊などの疑いで逮捕されたのは、北九州市戸畑区千防の無職・門口清子容疑者(73)です。

警察によりますと門口容疑者は2月25日、自宅近くにある他人の住宅の敷地内で、他の場所から持ってきたごみ袋に火をつけブロック塀などを焼損させた疑いが持たれています。

調べに対し門口容疑者は「全く知らない」と容疑を否認しています。

北九州市戸畑区では2019年11月以降このほか5件の不審火が相次いでいて、空き家が全焼した火事では玄関などから油の反応が出ています。

警察は門口容疑者が関与した疑いも視野に、詳しく調べています。